ニュース天国

2chまとめニュースです。
トレンドニュースを載せています。
よろしければ暇つぶしに見てください。

    1: ニライカナイφ ★ 2019/01/16(水) 06:37:10.59 ID:oqs86pNm9
    食べ過ぎ飲み過ぎになりがちな正月休み明け、今年1回目のこの欄では、英国栄養士会(BDA)による「2019年やってはだめなセレブダイエット」を紹介したいと思います。
    セレブが行っているけれど、栄養士から見るとNGなダイエット法を指摘する、毎年恒例の企画。
    今年のやってはいけないダイエットは、血液型ダイエット、飲尿法、デトックス茶/痩身(そうしん)コーヒー、スリミング小袋サプリ、アルカリ水の五つ。

    中でもアルカリ水のファンには、トランプ米国大統領、オバマ前大統領、ビヨンセ、ビル・ゲイツ、マドンナと、そうそうたる大物の名前が挙げられています。
    BDAによるとアルカリ水とは「通常の飲料水よりもpHが高く、カルシウム、シリカ、カリウム、マグネシウムなどの化合物を含む」水のこと。
    それ故に、アルカリ水を飲むことで「栄養代謝を助け、通常の水道水よりも効果的に毒を除き、より健康に導くと信じる人たちがいる。健康問題の原因となる血液の酸性を下げてくれるという考え方もある」のだそう。

    多くの水を飲むことは健康全般によいことであるとしながらも、BDAは「水道で自由に飲めるのに、高価な水に金を浪費するべきではない」とバッサリ。
    「このダイエットは人間生理を誤解しており、確かな根拠に基づいていない」と指摘します。
    水のpHは血液のpHに影響を与えることはなく、人間の体は血液のpHを一定の幅に収まるよう制御しています。
    もしその幅を外れるようなことがあれば、病気につながる。
    それに、ほとんどの人が、健康な肝臓と腎臓の働きによって体から毒を除いているのだ、と。

    デトックス茶/痩身コーヒーについては、「この手の痩せる飲み物は長年売られていて消えることがない。ソーシャルメディアでは、スリムで魅力的なセレブや健康関連の話題を書くブロガーによる宣伝がおなじみになっている」と言います。
    それが、本来減量など必要ない若い世代をターゲットにしているのが問題だと。
    多くは大して根拠のないハーブを含んでいる程度で、わざわざ買って飲んでも効果がない。
    それで済めばいいのですが、下剤に使われるセンナを含む製品もあり、悪くすると、健康を害する危険性があると指摘します。

    女子栄養大出版部が発行する雑誌「栄養と料理」の編集委員、監物南美さんに、BDAのこのニュースについて意見を聞いてみました。
    「日本でも似た飲料やサプリはよく見かけますし、科学的言い回しをしながらも実は根拠がないダイエットが話題になりやすいという状況は英国と似通っているという印象です」と監物さん。
    最近気になるのは、健康に対する高い関心を背景に、科学的に正しい部分もあるけれど全体としては疑問のある健康法が増えていることだと言います。
    商品を売るためにありもしない効果をうたう商品は怪しいと気づきやすいけれど、こうした、部分的に正しさと怪しさが混じり合っている話は、真偽の線引きが難しい。

    科学とは言えないのに科学であるかのように装う言説は疑似科学と呼ばれます。
    監物さんは「BDAは、栄養の専門家として知識を生かし社会に広がる疑似科学に対して反論し情報発信している。日本でも栄養士会が一般向け情報発信を始めていますが、もっと先を行っていて、すごいと感じます」と話します。
    流行に惑わされないための基本は何でしょうか。
    「減量は、消費エネルギーが摂取エネルギーを上回る結果、起こること。これができれば必ず痩せるし、できなければ痩せないか太ります。気になるダイエット法があったら、この基本を当てはめて考えてみてください。安全性に問題がなく、自分のモチベーションが上がって楽しくできそうなら、試してみるのも一つの手。でも、自分の体を実験台にするような行為はどうぞ慎重に。どんどん痩せるようなものは、むしろ危険。体を壊す可能性が高いと考えて」

    ダイエットに限らず食と健康に関する情報は世の中にあふれています。
    科学的根拠がある情報かを見極めるには、引用されているデータなどの出典が明記されているかをチェックするのも一つの手がかりになります。
    できれば元の論文まであたれればいいのですが、一般の人にはなかなかハードルが高い。

    ※記事を一部引用しました。全文は下記のリンク先でご覧下さい。

    朝日新聞デジタル 2019年1月12日06時00分
    https://www.asahi.com/articles/SDI201901118193.html

    【【医学】やってはいけない5つのダイエット 血液型、飲尿法、デトックス茶、スリミング小袋サプリ、アルカリ水 英国栄養士会が選定 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/16(水) 08:31:16.87 ID:lNmsEZUp9
    「早稲田vs.慶應」進学するならどっち?(1)

    多くの受験生の憧れで、できる子には妥協できる最低ラインでもある早稲田と慶應だが、どっちを選ぶべきなのか。
    なかでも人気の早稲田政経、法学部と慶應法学部について、受験生も親もOBも知りたい最新状況をもとに徹底比較。両校の様変わりにも驚くはずだ。

     ***

    昔から慶應の学生やOBを除けば「慶早」とは呼ばない。世間では「早慶」と呼ぶ。
    だから、その並びを大学の序列のように認識している人が多いが、早慶双方に合格した受験生がどちらに進学したかを追跡したデータには、驚くべき数字が示されている。

    もっとも、この記事を最後まで読めば、優劣など簡単にはつけられないことがわかるはずだが、事前にそう断る必要があるほど、数字は一方的である。

    「早稲田vs.慶應」進学するならどっち?

    なにしろ、2018年度入試(18年2月実施)で早稲田大学法学部と慶應義塾大学法学部にダブル合格した学生は、東進ハイスクールのデータによれば、86・7%が慶應に進学。
    慶大法学部と早稲田の看板、政治経済学部とのダブル合格者も、71・4%が慶應に進んでいるのである。

    「早慶文系の実学系学部を、偏差値やダブル合格者の選択結果などの観点から総合して並べると、慶大法が1番。次に早大政経と慶大経済が同じくらいで2番、以降、早大法、慶大商、早大商と続きます」

    と、東進ハイスクールを運営するナガセの市村秀二広報部長は言う。ちなみに東進の偏差値では、慶大法が70・3、早大政経が70・1、慶大経済が69・8、早大法が68・8である。

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/d/ed6f8_1523_5d6f08fa_b6137d75.jpg
    (表)受験生はどっちに進学したか ※東進ハイスクール調べ

    「1970年代から80年代半ばまでは早稲田の政経が断トツでしたが、90年代半ば、それを慶應が上回りました。
    背景として、慶應には改革を訴える力があったことが挙げられます。
    その象徴が90年のSFC(湘南藤沢キャンパス)創設です。その際に注目されたのが、シラバス(授業計画)を公開し、学生に明確なメッセージを送り出したこと。
    加えてAO入試を日本で初めて導入し、慶應は先進的だというブランディングにも成功しました」

    ひとたび偏差値が逆転すると、その差がわずかでも、

    「偏差値が高い大学を選ぶという受験生心理はあると思います」(同)

    http://news.livedoor.com/article/detail/15873246/
    2019年1月15日 8時0分 デイリー新潮

    前スレ                   2019/01/15(火) 13:54
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547528063/

    【【教育】「早稲田vs.慶應」進学するならどっち? データに表れた“歴然の差”のワケ】の続きを読む

    1: 次郎丸 ★ 2019/01/15(火) 18:27:37.75 ID:ncT+frl/9
    @原文まま

    https://i.imgur.com/6XYx9dH.png
    テレビやスマホなどを主力製品とするLGだが、CES2019では8K有機ELテレビとともにビール醸造マシンをお披露目した。クラフトビール市場は急速に成長しており、その界隈のビール愛好家をがーゲットとなる。

    「LG HomeBrew」はNespressoのビール版といったところで、カプセルからビールを醸造する。見た目と動作はシンプルだがLGの技術が詰め込まれたハイテクマシンだ。

    ・醸造プロセスをアルゴリズムで制御

    https://i.imgur.com/78DNlm2.png
    温度と圧力をアルゴリズムで調整して醸造プロセスを正確に制御。誰でも失敗なくビールが醸造できる。

    また、ビールを作るのはコーヒーのように"インスタントに"とはいかず、2週間の醸造期間を要するが、この間もスマホアプリからビールの状態が確認できる。

    完成した5リットルのビールを飲み終わった後はマシンが自動洗浄してくれて、次のビールが醸造できる状態を待つばかりだ。

    ・5種類のカプセルを発売

    まずはアメリカンIPA、アメリカンペールエール、スタウト、ベルギービール、ピルスナーの5種類のカプセルが発売される。その後は展開に応じてカプセル種類を増やしていくのだろう。

    ただ、ユーザーがやることは、麦芽、酵母、ホップオイル、香味料の入ったカプセルを入れてボタンを押し、2週間待つことだけというシンプルさが仇になる可能性もある。

    ビールを自作したいユーザーが、味も出来具合も均質なビール醸造マシンに魅力を感じるかどうかはフタを開けてみないとわからない。

    参照元:LG will be unveiling a smart craft beer machine at CES 2019/TrustedReviews
    CES 2019: LG Wins CES Media Day with High-Tech Home Beer Brewery and Disappearing OLED TV/IEEE Spectrum

    2019/1/15 Tech
    LGが家庭用ビール醸造マシンを発表、全自動で5リットルのビールを生成!
    https://techable.jp/archives/90817

    【LGが家庭用ビール醸造マシンを発表、全自動で5リットルのビールを生成! 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    w