ニュース天国

2chまとめニュースです。
トレンドニュースを載せています。
よろしければ暇つぶしに見てください。

    2018年12月

    1: 名無しさん@涙目です。(SB-iPhone) [ニダ] 2018/12/26(水) 14:25:25.99 ID:U6PGQHye0● BE:218927532-PLT(13121)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    一日400~500kgのケーキがリサイクル工場に運ばれ、破砕処理されブタのエサに

    2018年12月26日放送のTBS系列「ビビット」に収録で出演した。テーマは「クリスマスケーキ大量廃棄の実態」。

    ある食品リサイクル工場に、一日400~500kgものケーキが、ケーキ工場や百貨店、スーパーなどから、
    食べられることなく運ばれてくる様子が放映された。

    このリサイクル工場では、2017年度の受け入れ量が一日平均32トンだった。
    クリスマスケーキが大量に運ばれてきた日は、一日34トンと、平均を上回る処理量となった。

    内容は、ショートケーキやチョコレートケーキ、チーズケーキ、モンブラン、紅芋タルト、スポンジの台など。140リットル入るゴミ箱が次々一杯になり、溢れていった。

    リサイクル工場の社長によれば、クリスマスの時期、ケーキやローストチキンが増えるそうだ。
    普段の2倍以上の食品が運ばれてくる。2月になれば、恵方巻だ。通常の量の2倍から3倍、来るという。
    このリサイクル工場では、入ってきた食品は、処理された上で、ブタのエサにリサイクルされる。

    筆者は、前述の番組に、専門家として出演した。毎年のように、季節商品の食品ロスが発生する背景には、営業時間内に売り切れて品物が無くなると、
    その分、売り上げが無くなることを恐れることがあると考えている。
    「足りなくなるより余って捨てた方がいい」という考え方である。

    その廃棄コストの、すべてとは言わないが、負担させられているのは消費者である。
    企業は赤字を出してまで経営し続けることはできない。慈善事業ではないのだから。
    廃棄コストの分も収入として得ているからこそ、毎日のように捨て続ける経営が成り立つ。誰がその収入を成り立たせているのか。
    消費者だろう。消費者は、食べ物を捨てているコストを、実は自分たちが日々負担しているということに対し、あまりにも自覚がない。
    https://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20181226-00109060/

    【クリスマスケーキ大量廃棄の実態 1日500kgのケーキがブタの餌に 】の続きを読む

    1: ガーディス ★ 2018/12/27(木) 10:23:31.03 ID:CAP_USER9
    12/26(水) 18:50配信 京都新聞

     実験で使用した水銀を排水に流すなどの不適切な扱いを続けていたとして、京都工芸繊維大(京都市左京区)が、同大学の60代の元教授の男性に水銀除去費用を求めた訴訟の判決が26日、京都地裁であった。
    井上一成裁判官は「水銀を拡散させない措置や学生への健康配慮がなかった」として、元教授に1550万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

     判決によると、元教授は1991~2014年まで、同大学の実験室で水銀を使用。07年以降は水銀を取得・使用した際に大学に報告せず、実験で水銀がこぼれ落ちることを認識しながら学生に保護具を装着させるなどの指導を行わなかった。

     残留水銀は流し台から排出され「少なくとも4キロ、推計分も含めると約40キロの水銀を流出させた」と認定。キャンパス内の排水路や最終貯留槽を水銀で汚染したとして、汚泥の撤去費用の賠償を命じた。

     大学側は、14年に行った学内のアンケート調査で「水銀を水道に廃棄してよいと指導している教授がいる」との記載から問題を把握。元教授から汚泥の撤去費用の支払いがなかったため、16年に提訴した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000029-kyt-soci

    【【地裁】実験で使った水銀をそのまま流す 京都工芸繊維大の元教授に賠償命令 23年間で約40キロ、キャンパス汚染 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/26(水) 09:27:34.48 ID:CAP_USER9
    がん患者の4割近くが、亡くなる前の1か月間、体の痛みを抱えていたことがわかった。

    国立がん研究センターが26日、調査結果を公表した。がん患者らの遺族に行ったもので全国的な調査は今回が初めて。心身の苦痛を軽減する緩和ケアの普及が求められる。

    調査は今年2~3月、人生の最終段階(終末期)の療養生活の実態を把握しようと、2016年にがんやほかの病気で亡くなった患者の遺族を対象に実施した。

    がんでは約3200人のうち1630人(51%)から有効回答を得た。亡くなる前の1か月を痛みが少なく過ごせたか聞いたところ、「そう思わない」「あまりそう思わない」など、痛みがある状態だったのは36%に上った。

    穏やかな気持ちで過ごせたかについても、「そう思わない」「あまりそう思わない」などを合わせると、気持ちのつらさを抱えていた患者が35%を占めた。一方、介護に負担を感じていた家族は42%だった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15792834/
    2018年12月26日 8時57分 読売新聞

    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/a/7/a79d3_1231_293a332b3c0b139ae7eb7010cbcf36b8.jpg

    【【医療】「がん終末期に痛み」36%…亡くなる前1か月 】の続きを読む

    1: ガーディス ★ 2018/12/26(水) 05:14:34.69 ID:CAP_USER9
    日本、1人当たりGDP20位に 2017年、円安で低下
    2018/12/25 19:29
    https://this.kiji.is/450244286922556513

     内閣府は25日、日本の1人当たりの名目国内総生産(GDP)が2017年はドル換算で3万8348ドルとなり、経済協力開発機構(OECD)加盟36カ国中20位だったと発表した。為替相場が円安に振れたことが影響し、16年の18位から二つ順位を下げた。
     17年は円ベースで前年比1.9%増の430万1千円だったが、円安によりドル換算額は1.1%減に縮小した。為替相場の年平均は16年が1ドル=108円84銭、17年は112円16銭だった。
     1人当たり名目GDPの上位3カ国は16年と変わらず、ルクセンブルクが首位で、スイス、ノルウェーが続いた。

    ★1:2018/12/26(水) 00:21:48.43
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1545754449/

    【【安倍政権】日本の1人当たりGDP、20位(2017年度)に低下】の続きを読む

    1: みんと ★ 2018/12/25(火) 19:08:19.32 ID:CAP_USER9
     2017年度にうつ病など心の病気で休職した公立小中高校などの教員は前年度比186人増の5077人だったことが、文部科学省の調査でわかった。

     心の病気による休職は07年度以降、5000人前後で推移しており、多忙でストレスを抱えていることが要因の一つとみられている。

     発表によると、病気での休職者は同38人増の7796人。このうち精神疾患による休職者は全教員約92万人の0・55%に当たる5077人だった。

     また、免職などの懲戒処分や訓告などの処分を受けたのは同2929人減の5109人。体罰での処分は同69人減の585人、わいせつ行為での処分は同16人減の210人だった。

     一方、再任用の教職員は同4739人増の4万595人で過去最多となった。フルタイム勤務が2万6192人、短時間勤務が1万4403人だった。

    読売新聞 2018年12月25日 18時3分
    http://news.livedoor.com/article/detail/15790479/

    【【社会】多忙にストレス…心の病で公立教員5千人超休職 】の続きを読む

    このページのトップヘ