ニュース天国

2chまとめニュースです。
トレンドニュースを載せています。
よろしければ暇つぶしに見てください。

    2019年06月

    1: 記憶たどり。 ★ 2019/06/29(土) 05:17:06.58 ID:A0n7+/4S9
    https://news.livedoor.com/article/detail/16692030/

    28日、大阪市住之江区のインテックス大阪を舞台に幕を開けた20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)で、
    本セッション前の特別イベントに使われた部屋が「普通」だと話題になっている。

    イベントでは、安倍晋三首相と米国のトランプ大統領、中国の習近平国家主席が同じ長机に至近距離で座る場面も。
    インターネット上では「すし詰め」「狭い」といった反応の一方、「無駄に豪華にしても仕方がない」といった感想もあった。

    この日は昼前から各国首脳らが次々と会場入り。集合写真を撮り終えると、別室に移動し、
    「デジタル経済に関する首脳特別イベント」に臨んだ。

    イベントの模様はテレビで中継されたが、短文投稿サイトのツイッターなどでは、肩を寄せ合うように座る首脳たちの様子が話題に。
    「普通の会議室みたい」「アメリカと日本と中国がぎゅうぎゅう」「この狭さは何か狙いがあるのかな」といったつぶやきが続出した。

    一方、日米中3首脳のスリーショットに「絵力がすごい」と好意的にとらえる声もみられた。

    ただ、首脳たちはすぐに、本セッションの会場となる別室へ移動。こちらは席の間にも余裕がある円卓で、
    首脳たちは昼食を取りながら、本格的な議論をスタートさせた。

    外務省は会場決定の経緯などについて「お話しできない」としている。


    G20サミットで行われたデジタル経済に関する首脳特別イベント=28日午後0時17分、大阪市
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/b/cbfaf_368_ed1481bba7ad02d89d7e0a1752d90f77.jpg
    http://i.imgur.com/auO1Mj9.jpg

    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1561717054/
    1が建った時刻:2019/06/28(金) 16:53:40.41

    【G20会場に日米中首脳が「すし詰め」状態で座り話題に。】の続きを読む

    1: Hikaru ★ 2019/06/28(金) 09:00:59.27 ID:aXooUuTr9
    硬球が顔直撃、顔面骨折 元野球部員が県提訴 千葉地裁
    朝日新聞デジタル 2019年6月28日8時18分
    https://www.asahi.com/articles/ASM6V6G52M6VUDCB02C.html

     野球部の練習中に、穴が開いた防球ネットをすり抜けた硬球が顔面を直撃して大けがを負ったのは、
    ネットを管理する千葉県が修繕などの処置を怠ったためだとして、千葉県船橋市の県立高校の
    元野球部員の男性(19)が、県に約820万円の損害賠償を求める訴訟を千葉地裁に起こし、26日に第1回口頭弁論があった。

     訴状によると、原告の男性が2017年1月4日午前9時ごろ、防球ネットの裏で
    野球部の練習をしていたところ、投球マシンから放たれた硬球がネットの穴をすり抜けて男性の顔を直撃。
    あごや鼻の骨が折れる全治7カ月の大けがを負ったと訴えている。

     男性は、この事故の前にも硬球が穴をすり抜けて生徒に当たることがあり、野球部員らが危険性を指摘していたと主張。
    事故を予見できたにもかかわらず、ネットを修繕したり、買い替えたりするなどの必要な処置を怠った県に責任があるとして、治療費や慰謝料など計約820万円を求めた。

     県教委教育総務課は「訴状の内容を調べて、追って準備書面で主張を明らかにしたい」としている。

    【【千葉地裁】穴の空いた防球ネットをすり抜けた硬球が顔直撃、顔面骨折 元野球部員が県提訴 】の続きを読む

    1: スタス ★ 2019/06/28(金) 03:11:10.06 ID:ka0b8SJf9
    1 スタス ★[] 2019/06/27(木) 18:59:15.49 ID:amrLO4tS9

    朝霞市の県警機動隊屋外プールで2012年、水難救助部隊の巡査佐々木俊一さん=当時(26)=が訓練中に溺死したのは私的制裁による暴行が原因として、遺族が県(県警)と当時の上司5人に計約1億9千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、さいたま地裁であった。谷口豊裁判長は県に計約9200万円の支払いを命じた一方、上司ら5人に対しては「訓練と無関係の私的制裁と断定することは困難」として請求を退けた。

     判決理由で谷口裁判長は、当時指導員だった男性巡査(35)=業務上過失致死罪で有罪判決=が佐々木さんをプールに沈めたことについて「傷害の故意を伴うもので、注意義務違反の結果、佐々木さんが死亡したことは明白で違法」と認定した。

     原告側の私的制裁との主張に対しては「プールのはしごをつかむなどの禁止行為をした者に対して水没行為を行うことがあり、明確に禁止されていなかった」と指摘。他の参加者にも同様に行っているとして、組織的な私的制裁をしたとは言えないと述べた

     一方、指導員が訓練員を沈める行為に疑問を呈する専門家がいたにもかかわらず、明確な規律を設けていなかったことなどが事故の背景にあると指摘した。

     判決によると、佐々木さんは12年6月29日、空気ボンベなど計38キロの装備を着けて訓練に参加。足の痛みを訴えて中止を求め、プールのはしごをつかんだところ、水深約3メートルのプール中央まで移動させられ、指導員に息継ぎなしで繰り返し水中に沈められたことにより溺死した。

     指導員だった巡査は業務上過失致死罪に問われ、同地裁で禁錮1年6月、執行猶予3年の判決が確定し失職した。

     佐々木さんの母千春さん(62)は判決後、さいたま市内で記者会見し、「個人の責任があるのではないかと思って裁判を起こしたが、認められず残念で悔しい」と話した。

     県警は「判決内容を十分に検討し、適切に対応したい」とのコメントを出した。

    2019年6月27日(木) 埼玉新聞
    http://www.saitama-np.co.jp/news/2019/06/27/03_.html

    ■他ソース
    上司らの責任「認めてほしかった」母親が会見で無念の思い 県警機動隊員 溺死訴訟判決
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/list/201906/CK2019062702000141.html
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/list/201906/images/PK2019062702100090_size0.jpg

    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1561629555/

    【【埼玉県警】機動隊員(26)、ボンベ背負わされプール(水深3m)で息継ぎなしで何度も沈められ溺死→さいたま地裁「沈めた人に責任なし」 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/06/28(金) 10:13:26.41 ID:rkr/XMpF9
    G20 韓国ムン大統領が到着

    韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は、G20大阪サミットに出席するため、27日午後、関西空港に到着しました。ムン大統領は、中国やロシアなど5か国の首脳と個別に会談する予定ですが、日韓首脳会談は行われない見通しで、安倍総理大臣との間で非公式にでも意見を交わしたい考えです。

    韓国のムン・ジェイン大統領が日本を訪問するのは、去年5月の日中韓3か国の首脳会議以来で、27日午後3時半すぎ、政府専用機で関西空港に到着しました。

    ムン大統領は、29日までの滞在中、G20大阪サミットに出席するほか、中国やロシアなど5か国の首脳と個別に会談する予定です。

    このうち、習近平国家主席との会談は27日午後5時半から行われることになっており、先週、北朝鮮を訪問して、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長と会談した結果について直接説明を受けるとともに、朝鮮半島の平和構築に向けた協力を確認する方針です。

    これに加えて、27日夜は、およそ400人の在日韓国人との夕食会に臨むことにしています。

    一方、太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題などで日韓関係が悪化する中、ムン大統領が意欲を示していた日本との首脳会談は行われない見通しです。

    これについてムン大統領は、「この機会を活用できるかどうかは日本にかかっている」と強調していて、議長を務める安倍総理大臣との間で非公式にでも意見を交わしたい考えです。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190627/k10011971301000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190627/K10011971301_1906271557_1906271558_01_02.jpg

    ★1が立った時間 2019/06/27(木) 17:30:41.30
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1561675590/

    【【G20】韓国・文大統領が到着…「この機会を活用できるかどうかは日本にかかっている」安倍総理と非公式で意見を交わしたい考え 】の続きを読む

    1: ごまカンパチ ★ 2019/06/28(金) 08:02:13.57 ID:6tnAj4bQ9
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-06-27/PTOY946S972A01
     世界景気の減速懸念や米中通商摩擦で海外投資家が日本株を大幅に売り越した結果、海外勢の日本株人気は
    アベノミクス本格化前に戻ってしまったようだ。
    東京証券取引所などが26日に発表した株式分布状況調査によると、海外勢の2018年度末の日本株保有比率は29.1%と前年度から1.2ポイント低下した。
    安倍晋三氏が12年末に首相に返り咲き、アベノミクスの「第一の矢」と位置付ける日本銀行の異次元緩和がスタートする直前の
    12年度末(28%)以来の低い水準になった。過去最高はアベノミクスブームに乗った14年度末の31.7%。

    海外勢の日本株保有比率の推移(年度、%)
    2010  26.7
     11  26.3
     12  28.0
     13  30.8
     14  31.7(過去最高)
     15  29.8
     16  30.1
     17  30.3
     18  29.1

     りそな銀行の戸田浩司チーフ・ファンド・マネジャーは海外勢の保有比率がアベノミクス本格化前の水準に戻った理由について、
    「アベノミクスが失敗だったわけではなく、景況感や景気循環のタイミングに尽きる」と指摘する。
    12年度以降は米国が量的緩和策(QE)を行い、
    「世界的に景気が浮揚する景気循環の追い風にアベノミクスが加わって株価が上昇。順張りである海外投資家の比率が上昇した」と戸田氏は分析。
    現在は景気循環的にピークを打ち、「景気が減速局面に入ったことで景気敏感イメージの日本株を売っている」と言う。

     「海外勢の保有比率は『総資産利益率(ROA)-10年債利回り』のトレンドに連動する傾向がある」と語るのは三菱UFJモルガン・スタンレー証券の
    折見世記シニア投資ストラテジスト。そのトレンドが今は落ちているとし、
    「株式時価総額や国内総生産(GDP)など経済のパイはアベノミクスで上がったが、その成長速度を維持することは難しい。
    高齢化が進む中でイノベーションを後押しするような政策が見られず、先行きへの成長不安が残ることが要因」とみる。

    【保有比率の低下幅が大きい5業種】
    1.輸送用機器 5.9(33.6%→27.7%)
    2.食料品   5.3(28.1%→22.8%)
    3.銀行    2.7(28.1%→25.4%)
    4.不動産   2.3(33.6%→31.3%)
    4.証券・商品先物取引 2.3(28.9%→26.6%)

    【保有比率の上昇幅が大きい5業種】
    1.医薬品   9.4(29.2%→38.6%)
    2.精密機器  8.9(30.1%→39.0%)
    3.水産・農林 7.6(9.3%→16.9%)
    4.パルプ・紙 7.5(11.0%→18.5%)
    5.その他製品 7.3(27.1%→34.4%)

     12年度から18年度の間に海外勢の保有比率が低下した主な業種は輸送用機器や銀行、不動産。りそな銀の戸田氏は輸送用機器について、
    「グローバルで自動車が構造不況業種とみなされるようになった」と分析。
    銀行は日銀の緩和策から金利が低下して利ざやが縮小傾向にあることが大きいとし、「これも日本だけの傾向ではない」と戸田氏。
    むしろ景気改善期待から買われた時価総額上位業種で、その反動が出ている側面が強いとみる。

     海外勢の日本株比率がほぼアベノミクス前に戻りながらも、日経平均株価が12年度末の1万2397円より約7割高い水準を維持しているため、
    楽観的な向きも多い。東海東京調査センターの仙石誠マーケットアナリストは
    「この数年間の海外の売りに買い向かったのは日銀や企業の自社株など国内勢。海外勢が売っても日本株は下がりにくくなっている」と評価する。
    実際、海外勢の保有比率が上昇した上位5業種だけでなく、低下した食料品、輸送用機器の指数も上昇している。

     海外勢の18年度売越額は5兆6313億円と、1987年度の6兆2121億円に次ぐ高水準だった。東海東京調査の仙谷氏は
    「18年度は米中摩擦に対する警戒感が高まり、海外勢はそれなりの規模で日本株を売った。アベノミクス前まで低下したということは、
    逆に日本株への期待感もかなり削がれたことを表す」とし、売りは出にくくなりつつあるとみている。

    前スレ (★1:2019/06/27(木) 23:18:12.52)
    【株式】逃げた海外勢-日本株の保有比率、アベノミクス前まで急低下
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1561645092/

    【【株式】逃げた海外勢-日本株の保有比率、アベノミクス前まで急低下】の続きを読む

    このページのトップヘ