ニュース天国

2chまとめニュースです。
トレンドニュースを載せています。
よろしければ暇つぶしに見てください。

    2019年06月

    【【福岡】「なんで仕事せえへんのや!」 引きこもりの40代息子が親子喧嘩で母親と妹を金づちと刃物で襲い自宅に放火して割腹自殺】の続きを読む

    1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2019/06/01(土) 08:55:59.22 ID:p3VBfXZZ9
     米南部バージニア州バージニアビーチの市民センターで31日午後、男が銃を乱射した。警察当局によると、少なくとも11人が死亡し、6人が負傷して病院に搬送された。銃を乱射した男は市の職員といい、死亡したという。

     バージニアビーチは首都ワシントンから南に250キロほど離れた大西洋沿いにある。米メディアによると、事件のあった市民センターは市役所や警察などの行政機関が入る施設で、負傷者には警官も含まれており、防弾チョッキで一命をとりとめたという。

    yahooニュース(朝日新聞DIGITAL) 6/1(土) 8:25配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-00000018-asahi-int

    【米バージニア州の市民センターで乱射、11人死亡 】の続きを読む

    1: ガーディス ★ 2019/05/31(金) 19:25:50.07 ID:uW4H/vR69
    2019年5月31日 16時54分
    テレ朝news

    [画像] 正体不明の2機が低空飛行 「不安」の声相次ぐ
     30日夕方、長野県で航空機2機が低空飛行しているのが相次いで目撃されました。

     午後5時半ごろ、佐久市役所から北に向かって撮影した映像には、右側から左側へ飛んでいく航空機が2機確認できます。同じころ、市内で撮影された写真からは主翼にプロペラが付いているのが分かります。長野県佐久市には市民から「不安を感じた」などの問い合わせが30件ほど相次ぎました。

     佐久市危機管理課・清水淳一課長:「住宅街の本当に低空のところを飛んでいた。危険だと思った」

     県は防衛省などに機体の特定や状況について問い合わせていますが、回答は来ていないということです。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16547023/

    【【長野県】正体不明の2機が低空飛行 「不安」の声相次ぐ 防衛省「」 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2019/05/31(金) 20:08:13.09 ID:DjC1FNw09
    ◆ 「事件とひきこもりを短絡的に結びつけるような報道はしないで」 川崎市殺傷事件でひきこもり支援団体が声明

    川崎市で起きたカリタス小学校の児童らを狙った殺傷事件の報道を受け、ひきこもり当事者の支援団体「ひきこもりUX会議」は5月31日、声明文を発表した。
    市は29日に開いた会見で、容疑者である50代男性が長期間仕事に就かず「ひきこもり傾向」で、「直接の会話がほとんどない状態」だったと明かしている。
    親族が訪問介護のスタッフを家に入れるにあたり、容疑者のことを気にして市の精神保健福祉センターに相談していたこと、容疑者に小遣いを渡していたことなども明かされた。

    団体はこれらの報道について、
    「これらが事実であったとしても、ひきこもっていたことと殺傷事件を起こしたことを憶測や先入観で関連付ける報道がなされていることに強い危惧」
    「『ひきこもるような人間だから事件を起こした』とも受け取れるような報道は、無関係のひきこもり当事者を深く傷つけ、誤解と偏見を助長するもの」
    として、公平な報道を求めた。

    ■ 当事者や家族が追い詰められ「不安や絶望を深めかねない」

    団体は、「これまでもひきこもりがちな状態にあった人物が刑事事件を起こすたび、メディアで『ひきこもり』と犯罪が結び付けられ『犯罪者予備軍』のような負のイメージが繰り返し生産されてきた」と指摘する。
    「ひきこもり」への誤ったイメージが作られ続ければ、当事者や家族が追いつめられ「社会とつながることへの不安や絶望を深めてしまいかねません」とも懸念した。

    ひきこもり当事者とその家族の高齢化を受け、50代になった当事者を80代の親や親族が面倒を見る社会状況を「8050問題」という。
    事件の報道では、事件の内容と8050問題を絡め、「まさに8050問題」と表現するような例もあったという。

    そのため、
    「報道倫理に則り、偏った不公正な内容や、事件とひきこもりを短絡的に結びつけるような報道はしないことを報道機関各社に求め、『ひきこもり』や『8050問題』に対して誤った認識や差別が助長されないよう、慎重な対応を求めます」
    と呼びかけた。

    また、報道の際に有識者や専門家だけでなく、ひきこもり当事者・経験者の声を取り上げることも要請した。
    「当事者不在で『ひきこもり』が語られ、実態に即さないイメージが拡大していくことは、さらなる誤解と偏見を引き起こす」ためだと主張している。

    2019.5.31 キャリコネ
    https://news.careerconnection.jp/?p=72496
    https://news.careerconnection.jp/wp-content/uploads/2019/05/190531hikikomoriux.jpg

    【【川崎殺傷事件】「事件とひきこもりを短絡的に結びつけるような報道はしないで」 ひきこもり支援団体が声明 】の続きを読む

    このページのトップヘ