ニュース天国

2chまとめニュースです。
トレンドニュースを載せています。
よろしければ暇つぶしに見てください。

    カテゴリ: World

    1: 転載禁止(庭) [KR] 2019/04/24(水) 21:14:35.69 ID:1YUi8Yzg0● BE:151915507-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/003.gif
    英シンクタンク「韓国経済、統一すれば2030年に英仏抜くだろう
    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=248543
    韓国経済が2026年に10位圏に進入し、韓国の生活水準で南北が統一されるならば2030年代には英国とフランスを抜き6位まで上昇できるとの見通しが出された。

    北朝鮮出生率→
    1.93 人 (女性1人あたり) (2014年)

    【朝鮮半島統一したら人口8千万人、少子化解決し資源も技術も貿易も有利な立地でGDP世界6位に 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/04/21(日) 19:03:49.14 ID:yvCf8vpt9
    仏パリのノートルダム大聖堂で現地時間4月15日に発生した火災を受けて、Twitterでは火事現場の写真から、思わぬ論争が発生しました。ある宗教的な投稿への、冷静で論理的なツッコミが話題となっています。

    全世界に驚きと悲しみを与えた、ノートルダム大聖堂の火災。鎮火後のある画像をもとに、Twitterにある文章が投稿されます。

    「After all the aftermath and destruction of the Notre Dame fire, the alter and cross remained untouched. Please explain to me how you don’t believe in God after seeing this.(延焼と破壊をつくしたノートルダム大聖堂の火災ですが、祭壇と十字架は無傷で残りました。これを見てもなお、神を信じない理由を説明してみてください)」:Kaylee CrainさんのTwitter投稿より

    「火事によって大きく破損したノートルダム大聖堂の中で、十字架が無傷のまま残ったのは神様が起こした奇跡である」という趣旨の、信仰深いお言葉。しかしそこに、的確な回答が現れるのでした。

    「Because the melting point of gold is 1064°C and a wood fire burns at around 600°C(それは金の融点が1064度であるのに対して、木が燃えるときは600度程度だから)」:Dan Broadbent さんのTwitter投稿より

    「神の奇跡である」という発言を、融点(固体が液体になりはじめる温度)という科学的事実であっさりと説明したのは、Dan Broadbentさん。Twitterのアカウントプロフィールに「科学オタク」とあるのにふさわしく、冷静かつばっさりと簡潔に議論が終了してしまいました。これはぐうの音も出ない。

    世界中の人たちがこのやりとりに反応し、Dan Broadbentさんの引用リプライは19日時点で20万2000RTを突破。そのリプ欄は、Dan Broadbentさんと同様の無神論者による「なぜ十字架が燃えずに残ったのか」の大喜利大会のような様相をていしています。

    ちなみにDan Broadbentさん、4匹の猫と一緒に暮らしているそうで、彼らがとてもかわいいのです! 無神論者も有神論者も、猫ちゃんのかわいさに負けてしまうのは皆同じはず。みんな、猫ちゃんを愛でて仲良くしようぜ!

    4/19(金) 19:53
    ねとらぼ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000090-it_nlab-sci
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190419-00000090-it_nlab-000-view.jpg

    ★1が立った時間 2019/04/20(土) 14:16:15.78
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1555751100/

    【ノートルダム大聖堂火災で十字架が無傷 「これは神の御業、なぜ神を信じないか説明して」→的確な回答が現れて世界が絶賛】の続きを読む

    1: チンしたモヤシ ★ 2019/04/21(日) 14:51:17.67 ID:RB7twZms9
    スリランカのホテルと教会で爆発 25人死亡160人以上けが 地元病院(14:48)
    NHK

    【【速報】スリランカのホテルと教会で爆発 25人死亡160人以上けが 地元病院(14:48) 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/04/19(金) 09:00:43.66 ID:HJ/EtS8n9
    ・15日のノートルダム大聖堂の火災を受け、マクロン大統領は結束を呼びかけた
    ・しかし連帯感は2日と持たず、約1070億円もの寄付金をめぐる論争が勃発
    ・再建だけでなく、一部は貧困層支援に使うべきでは、との声が上がっている

    【AFP=時事】「私は、この大惨事を結束の機会とする必要があると、強く信じている」──。エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)仏大統領は、パリのノートルダム大聖堂(Notre Dame Cathedral)で今週起きた大火災を受けたテレビ演説でこう表明したものの、この連帯感は2日と持たなかった。

     フランスでは15日夜に起きた火災を受け、各政党が欧州議会選に向けた選挙活動を停止した一方、大聖堂再建に向け集まった寄付をめぐる論争が17日までに勃発した。集まった寄付金8億5000万ユーロ(約1070億円)については、その一部が貧困層支援に使われるべきではないかとの声が上がっている。

     フランク・リーステール(Franck Riester)文化相は18日、仏ラジオ・モンテカルロ(RMC)に対し、「この無意味な議論は、『他に必要とされているところがある時に、ノートルダムに使うには多すぎる資金だ』というもの。社会システムや健康、気候変動対策のための資金が必要なのは当然だ」と指摘した上で、「だが、この並外れた寛大な行為の成り行きを見守ろう」と呼び掛けた。

     大聖堂の再建に対しては、フランソワ=アンリ・ピノー(Francois-Henri Pinault)氏やベルナール・アルノー(Bernard Arnault)氏をはじめとするフランスの大富豪や大企業がそれぞれ1億ユーロ(約130億円)を超える寄付を表明。しかし、「ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト、gilets jaunes)」運動の抗議デモが5か月にわたり続くフランスでは、富の不平等と低所得者層の窮状に注目が集まっており、巨額の寄付は批判を呼んだ。

     寄付により大規模な税額控除を受けられることも反発の一因となっており、これを受けてピノー氏は、税額控除の権利を放棄すると表明。一方のアルノー氏は、18日の株主総会で寄付をめぐる論争について問われた際、「フランスでは(公益となる)何かをする時でさえ批判され、非常に悩ましい」と語った。

     また、保守派の政治家らは18日、大聖堂に近代的な建築物が加わる可能性に懸念を示した。政府はこれに先立ち、新しい屋根と尖塔(せんとう)のデザインを公募する計画を発表。マクロン氏は再建を5年で完了する目標を定め、「近代建築の要素も想像できる」と述べていた。

     極右政党「国民連合(National Rally)」のジョルダン・バルデラ(Jordan Bardella)氏は仏ニュース専門局LCIに、「この狂気の沙汰を止めよう。私たちはフランスの文化財を絶対的に尊重する必要がある」と述べ、「現代アートとやら」が加えられるかもしれないとの考えを一蹴した。

    2019年4月19日 7時28分
    AFPBB News
    http://news.livedoor.com/article/detail/16339141/
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/6/f/6f772_1351_3565dc9b_442147f9.jpg

    【【ノートルダム大聖堂火災】連帯感は2日と持たず…1000億円の寄付めぐり論争勃発「一部は貧困層支援に使うべきでは」との声 】の続きを読む

    1: チンしたモヤシ ★ 2019/04/19(金) 01:40:08.29 ID:8iSUjPnv9
    ドイツの“日本人蔑視”CMが取り下げに。ホルンバッハ社「全世界の多くの地域からは、肯定的な反応があった」と弁明
    ドイツに住む日本人やアジア系の女性たちは「公園にいると『きみは一晩いくら?』などと嘲笑される。体を触られて拒絶しても“アジアの女性は西洋人男性の誘いを断らない”という偏見がある」と、根強いアジア蔑視について語っている。
    ハフポス Shino Tanaka 2019年04月18日 13時24分 JST
    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5cb7cec0e4b096f7d2dbd315

    人種差別と物議を醸しているホルンバッハのCM。「これが春の香りだ」と書かれている。
    So riecht das Fruhjahr | HORNBACH
    https://img.huffingtonpost.com/asset/5cb7d49824000076000681b3.jpeg
    https://www.youtube.com/watch?v=Z3iNXwHBKoI



    CMが日本人蔑視と物議を醸していたドイツのホームセンター、ホルンバッハが4月15日、問題のCMについてドイツ国内のテレビ放映を取りやめ、公式YoutubeチャンネルのリストとFacebookから削除した。

    このCMは、アジア系の女性がドイツ人男性の使用済み下着の匂いを嗅ぐ姿が描かれており、制作した広告会社は「日本の文化をもとにした」などと主張していた。日本人だけでなくアジアへの蔑視であるとして署名活動にも発展していた。
    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5ca02537e4b0bc0daca9b2d9?8v

    ただ、ホルンバッハ社が自主的にCMを取り下げたのかというとそうではない。

    日本人や韓国人らから、ドイツ広告審議会にCMに対する抗議の声が寄せられ、広告審議会が「『CMのメッセージ性は、優しい目で見るべき』というよく使われる言い訳で、人種差別的なCMを正当化することはできない」として「人種、出身、性別に基づいて人を差別してはならない」という条項に違反している疑いがあると判断。

    広告審議会からの指示を受け、ホルンバッハ社はドイツ国内でのCM放送を別のCMに差し替えたという経緯だった。

    同社はTwitterでもCMの差し替えを発表したものの、動画を投稿したツイートの削除などはしなかった。

    https://pbs.twimg.com/media/D4Lo2GrXkAEx5Ue.png
    https://twitter.com/Hornbach_tweets/status/1117711762831360000

    https://www.instagram.com/hornbachsverige/?utm_source=ig_embed

    ●ホルンバッハ「全世界の多くの地域は、肯定的な反応だったが、このCMに反対する煽動的な活動や署名運動の勢いが増大した」

    ホルンバッハ社は、3月28日に始まったCMの取り下げを求める署名活動が3万筆を超えた4月中旬にも、取り下げについては真っ向から否定していた。

    4月上旬にはホームページ上で、「全世界の多くの地域からは肯定的な反応が寄せられた」と釈明。

    CMの騒動について、最初の10日間は「例外なくほとんどポジティブな意見だった」とした。続けて「しかしながらこのCMに反対する煽動活動や署名運動の勢いが増大し、特に東アジア地域からの否定的反応に、当社は直面してしまった」と受け止めを説明した。

    ドイツ国内では、地域によって反応は様々。

    中央部のヘッセン州に住む日本人女性は、国内の反応について「今のところ、大きな問題として取り扱われているようには感じられない。ホルンバッハはきわどいCMで有名でした。そういうものだ、と思う感覚でドイツ社会はCMを特に問題視しなかったように思います」と語る。

    女性は、ドイツ内で日本や韓国などアジア系の人々と共にCMをもとにした差別被害をまとめたり、ドイツ広告審議会の問い合わせに対する反応の進捗状況を確認するなどの活動を始めた。

    このグループには、ドイツ語や英語の記事を他の言語に翻訳もしているという。

    女性は「日本社会がこのような形で表現され、結果、CMを元にした差別的発言に遭う女性たちを見て、いつ身に降りかかるかわからない差別への恐怖を感じながら生活しています」と話している。

    ●アジア系女性が受ける日常的なセクハラ。CMへの反応はドイツ語とアジア言語で全く違う

    続きは記事リンク先

    前スレ(★1のたった日時:2019/04/18(木) 18:57:02.51)
    【ドイツ】“日本人蔑視”CMが取り下げに。ホルンバッハ社「全世界の多くの地域からは、肯定的な反応があった」と弁明(動画)★3
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1555592864/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【動画あり】“日本人蔑視”CMが取り下げに。ホルンバッハ社「全世界の多くの地域からは、肯定的な反応があった」と弁明【ドイツ】】の続きを読む

    このページのトップヘ