ニュース天国

2chまとめニュースです。
トレンドニュースを載せています。
よろしければ暇つぶしに見てください。

    カテゴリ: World

    1: ばーど ★ 2019/02/19(火) 16:50:52.88 ID:bbX37L/19
    本放送が始まった4K対応の有機ELテレビで、中国の大手メーカーが日本市場に本格的に参入すると発表しました。割安な価格戦略を打ち出し、販売競争で存在感を示すことになりそうです。

    参入するのは中国の大手電機メーカー「ハイセンス」で、4Kの放送を受信できるチューナーを内蔵し、最新型のディスプレーで画質のよさが特徴の有機ELを使った55インチの大型テレビを日本国内で初めて発売します。

    想定価格は税抜きで23万円前後と、日本メーカーに比べて割安の価格設定となっています。

    「ハイセンス」は去年3月、経営再建中の「東芝」からテレビ事業を買収していて、今回テレビの心臓部の映像エンジンと呼ばれる半導体部品を共同で開発したことで、「日本基準の高画質」を実現したとアピールしています。

    さらに、ことし中に日本市場向けの出荷台数のシェアを10%にする目標を示していて、テレビの販売競争で中国メーカーが存在感を示すことになりそうです。

    ハイセンスジャパンの李文麗社長は「日本の消費者に満足してもらえるようなテレビに仕上げた。高品質の製品でシェアを拡大させていきたい」と話していました。

    2019年2月19日 16時39分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190219/k10011820161000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190219/K10011820161_1902191628_1902191639_01_02.jpg

    【4Kテレビ 日本市場に中国大手メーカー「ハイセンス」が本格参入へ チューナー内蔵 有機EL55インチ お値段23万円 】の続きを読む

    1: ガーディス ★ 2019/02/18(月) 07:29:29.64 ID:l7ciDrhi9
    2019年02月17日 21:31
    ロシア国営「ロステック」傘下カラシニコフ社は、標的に近づくと自爆するドローン「カミカゼ」の試験を成功させた。国際軍事見本市「IDEX-2019」で同社広報担当が記者団に明らかにした。

    ロステックのカラシニコフ社のスタンドで行われたプレゼンテーションによると、カミカゼドローンの最高速度は80~130キロで、ペイロードは約3kg。

    https://jp.sputniknews.com/russia/201902175931852/

    【【兵器】カラシニコフ社、標的に近づくと自爆するドローン「カミカゼ」の試験を成功させる 】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2019/02/17(日) 06:47:46.73 ID:5yglv7op9
    https://www.asahi.com/articles/ASM2J6V31M2JUTFK00J.html

    トランプ米大統領が安倍晋三首相から北朝鮮問題でノーベル平和賞候補に推薦されたと
    明らかにしたことについて、首相が米政府から非公式に依頼を受け、昨秋ごろノーベル賞関係者に
    トランプ氏を推薦したことが16日、日本政府関係者への取材でわかった。

    トランプ氏は15日の記者会見で、首相がノーベル賞関係者に送ったという5ページの
    推薦の書簡を首相から受け取った、と明らかにした。

    日本政府関係者によると、昨年6月にあった史上初の米朝首脳会談後、米側から「推薦してほしい」
    と打診を受けたという。推薦は毎年2月締め切りで、各国の大学教授や国会議員、受賞経験者らに資格がある。

    トランプ氏によると、首相は「日本を代表し、敬意を込めてあなたを推薦した」と伝えた。
    推薦理由については「日本の領土を飛び越えるようなミサイルが発射されていたが、いまは突如として
    日本人は安心を実感しているからだ」との見方を示した。   

    【【ノーベル賞】「トランプ氏をノーベル賞に推して・・・」米国が安倍首相に依頼 】の続きを読む

    1: AHRA ★ 2019/02/13(水) 17:24:32.20 ID:rDg72ppl9
    ※韓スレです

     韓国自動車産業協会によると、昨年の現代自動車の中国における生産台数は80万6214台で、終末高高度防衛ミサイル(THAAD)問題による影響があった前年(82万7941台)をさらに下回った。

     現代自の中国国内での生産能力(年産181万台)に比べると、稼働率は44.5%にすぎない。稼働率は前年の45.7%よりも低下した。昨年の販売台数は79万台で、前年(78万5000台)に比べ小幅ながら増加した。在庫解消が遅れ、生産は減少した格好だ。特に商用車を生産する四川現代の稼働率は10%にとどまったことが分かった。

     産業研究院のイ・ハング上級研究委員は「結局THAAD問題による報復だけが危機の原因というわけではなかったことを示している。品質面で欧州車や日本車に押され、価格面では中国車に押されるという競争力低下が中国市場不振の根本原因だ」と分析した。

    2019/02/13 09:18
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/02/13/2019021380007.html

    【【韓国】現代自動車、中国工場の稼働率45%に低下 品質面で欧州車や日本車に、価格面で中国車に押される 】の続きを読む

    1: 次郎丸 ★ 2019/02/12(火) 21:07:37.31 ID:nq7O68kU9
    ※映像はソースでどうぞ
    268万%のインフレに 政治的混乱続く南米ベネズエラ
    2019年2月12日 4時32分 NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190212/k10011811571000.html

    政治的な混乱が続く南米のベネズエラでは、食料品や医薬品が極端に不足して物価が高騰し、ことし1月の物価上昇率は年率で、268万%にまで膨れ上がりました。

    南米のベネズエラでは、独裁体制を敷くマドゥーロ大統領と、これに反発して暫定大統領への就任を宣言したグアイド国会議長が対立し、それぞれを支持するロシアとアメリカをはじめ国際社会を巻き込んで混乱が広がっています。

    独裁政権が続き、経済政策が混乱したことに伴って食料品や医薬品が極端に不足して物価が高騰し、ベネズエラの国会は、11日までに、ことし1月の物価上昇率が、年率で268万%になったと発表しました。

    ベネズエラをめぐっては、グアイド国会議長を支援するアメリカが先月、経済制裁を強化したのに加えて、今月からはマドゥーロ政権側が、アメリカが物資を用いてベネズエラを混乱させようとしているとして欧米諸国からの人道支援物資の受け取りを拒否していることからモノ不足が加速しています。

    IMF=国際通貨基金は、ベネズエラの物価上昇率はことし中に年率で1000万%に上ると予測していますが、これを上回る可能性も出ています。

    こうした状況を受けて、周辺国などに逃げ出す人たちが急増していて、年内には難民の数が500万人を超すとみられ、国際社会の早急な対応が迫られています。

    【南米ベネズエラ、268万%のインフレに 年内に1000万%の予測も 政治的混乱続く 】の続きを読む

    このページのトップヘ