ニュース天国

2chまとめニュースです。
トレンドニュースを載せています。
よろしければ暇つぶしに見てください。

    カテゴリ: 事故

    1: Lv][HP][MP][ ★ 2020/05/25(月) 16:53:28.59 ID:iw5ZFtzy9
    25日午前8時ごろ、埼玉県長瀞町長瀞の荒川で、
    同県桶川市川田谷、専門学校生、原幸太郎さん(20)の遺体が見つかった。
    前日、川遊びをしていた際に流されたと119番があり、県警秩父署などが捜索していた。

    署によると、原さんは24日昼ごろから、友人6人と川の浅瀬で遊んでいた。
    同日午後7時10分ごろ、流されたサンダルを取りに行こうとした際におぼれたとみられ、
    約60メートル下流の川底で死亡しているのが見つかった。

    以下ソース:産経新聞 2020.5.25 16:33
    https://www.sankei.com/affairs/news/200525/afr2005250008-n1.html

    【【埼玉】川で流され専門学校生(20)死亡 長瀞町】の続きを読む

    1: すらいむ ★ 2020/04/27(月) 13:26:31.79 ID:CVwceTnq9
    「遺体の顔が傷だらけで…」池袋事故遺族松永さん初の実名告白

     妻・真菜さん(まな・当時31歳)と娘・莉子ちゃん(りこ・当時3歳)の命を奪った池袋自動車暴走事故から1年。
     被害者遺族の夫・松永拓也さん(33)の、初の実名告白160分。
     松永さんの心の支えは、今でも、肌に残った妻と娘の温もりだという。
     1年前、“いつも通りの日々”を送るはずだった、あの日の家族の様子を語ってくれた――。

     事故当日の19日は、いつもどおり、朝7時10分くらいに家を出ました。
     莉子はそのころ、彼女のブームだった“おしりバイバイ”で見送ってくれました。
     お昼休みの、スマホを使ってのテレビ電話も、いつもと同じ。
     あの日、2人は、自宅から10分ほどの南池袋公園にいました。

     「お父さん、今日は定時? お仕事、がんばってね」
     「あれ、珍しく今日は自転車なんだ。気をつけて帰るんだよ」
     「じゃあね」

     それが、最後の会話となりました。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    「女性自身」2020年5月5日号 掲載

    女性自身 2020年4月27日 11時0分
    https://news.livedoor.com/article/detail/18181003/

    【【池袋暴走】被害者遺族が告白 妻の顔はズタズタ、「娘さん(の顔)は、見ない方がいい」と看護師に言われ…  [すらいむ★]】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/11/13(水) 07:27:39.45 ID:kAWKLawJ9
    独自 池袋事故「フレンチに遅れる」

    東京・池袋で今年4月、乗用車が暴走し、母子2人が死亡、10人が重軽傷を負った事故で、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長が、「予約していたフレンチに遅れそうだった」と供述していたことがテレビ東京の取材で明らかになりました。

    警視庁はきょう、起訴を求める「厳重処分」の意見を付け元院長を過失運転致死傷の疑いで書類送検しました。 松永真菜(まな)さんと娘の莉子(りこ)ちゃんがなくなった事故。

    捜査関係者への取材で暴走した車を運転していた飯塚(いいづか)元院長は両膝に関節症を患っていて かかりつけの医者から運転を控えるように注意されていたことが明らかになりました。

    さらにテレビ東京の取材で飯塚元院長がその日 車を運転していた理由をこう供述していることがわかりました。 飯塚元院長のコメント 「予約していたフレンチの時間に遅れそうだった」 急いでいたとみられる飯塚元院長制限速度の時速50キロを超えるスピードでカーブに進入。

    前方のバイクや車を追い越すため、 車線を3回も変更する蛇行運転をしていたことも新たに分かりました。 飯塚元院長は運転ミスを否定したため、警視庁はドライブレコーダーや防犯カメラの解析など、 徹底的な証拠固めを行い、7ヵ月かかっての書類送検となりました。

    長い捜査の末、ようやく松永さんのもとに返却された遺品。 松永さん「事故当時2人が乗っていた自転車ですね。」 「溶接部分だと思うんだけどねじ切れている。」 「私の父がプレゼントしてくれて事故の後、父が自分のこと本当に責めて、「俺が買わなければ」」 車は時速100キロ近いスピードで自転車に乗っていた真菜さんと莉子ちゃんに衝突。

    そのドライブレコーダーには、カメラをみる莉子ちゃんの姿が映っていたといいます。 松永さん 「高速で来た車をどんな思いで見つめていたんだろう、莉子は。」 「(ドライバーは)自分がもしかしたらまずいかもしれないと思ったらその天秤にかけて今運転してもいいのだろうかということを今一度考えてほしい。」

    11月12日(火)
    https://www.tv-tokyo.co.jp/mv/you/news/post_190075/
    https://www.tv-tokyo.co.jp/mv/images/thumbnail/you/20191112_ys_ns04_c3ac2a540083e448_9.jpg

    ★1が立った時間 2019/11/12(火) 18:30:44.32
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1573589552/

    【【池袋暴走】飯塚幸三元院長「予約していたフレンチに遅れそうだった」と供述 前方のバイクや車を追い越すため車線を3回変更 ★12 】の続きを読む

    1: スタス ★ 2019/11/09(土) 22:12:56.10 ID:m1bziRrf9
    2019.11.8 23:20
    池袋暴走事故で元院長が来週にも書類送検 過失致死傷容疑

     東京・池袋で4月、車が暴走し母子が死亡した事故で、警視庁が来週にも自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)を書類送検する方針を固めたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。

     捜査関係者によると、車の操作状況を記録する装置を調べた結果、事故時はアクセルを完全に踏み込んだ状態で、ブレーキを踏んだ形跡はなかったことも判明した。

     飯塚元院長はこれまでの事情聴取に「ブレーキとアクセルを踏み間違えた可能性もある」と説明。車の機能検査でも異常は見つからなかったため、警視庁は操作ミスが原因と結論付けたとみられる。

     飯塚元院長はパーキンソン症候群に罹患していた疑いがあり、認知症など別の病気の有無も含め、身体の状態と事故の関係性を慎重に調べていた。


    https://www.sanspo.com/geino/news/20191109/tro19110902000001-n1.html

    【【池袋母子殺害】飯塚幸三、「パーキンソン症候群」に罹患していた疑い 警視庁、慎重に捜査 】の続きを読む

    1: おでん ★ 2019/11/02(土) 17:19:37.50 ID:llq7l/059
    富士山でニコニコ生放送配信中に足を滑らせた男性について、
    たとえ助かったとしても、明るいうちに下山できなかった可能性が出てきた。
    7合目付近で見つかった男性の可能性もある遺体については、静岡県警が身元の確認を進めている。

    ■登山学校講師でアプリ制作者の松本圭司さんは31日、
    「先日富士山で滑落した方は、雪のある部分に入った時点で遭難してた」との見方をツイートした。

    松本さんは、軽装とみられる姿で登ったのは無知だったからとして、
    「遭難はなかなか自覚できず、パニックになっていても自覚できない」
    「視野が狭まり自分の状況を俯瞰できない。これは誰にでも起こりうる」と警鐘を鳴らしている。

    ■地元・富士宮山岳会の工藤誠志会長は11月1日、男性の下山について、

    「男性の方が足を滑らせた地点から下山するとすれば、標高2400メートルの富士宮口か、1450メートルの御殿場口か、
    のいずれかだと思います。でも、夏山の基準で言いましても、富士宮口まで3、4時間、御殿場口まで5時間はかかります。
    冬山で日没も早いですので、17時には真っ暗になります。コースが分かっていたとしても、明るいうちには着けないでしょうね」

    工藤さんは、男性がヘッドランプを持っていれば、下山を続けることはできるものの、
    それでもコースを熟知していることが必要だとしている。
    また、下山を続けていたとしても、低体温症で動けなくなる恐れもあるという。

    「風がありますと、10月でも低体温症になった事例があります。男性が山頂にいたときは、
    気温がマイナス5度にまで下がっています。指に凍傷ができても動けますが、低体温症になりますと、
    脳の機能が低下して動けなくなってしまいます。
    また、昼に溶けた雪が夜に固まり、積もった雪が風で飛ばされ、つるつるのアイスバーンになっており、
    アイゼンの刃でも少ししか刺さりません。ですから、とても滑りやすくもなっており、
    冬の富士山で訓練してから、ヒマラヤ登山を目指す人も多いですね」

    ■アルピニストの野口健さんは2019年10月31日、
    「「ノリだけで登ってしまったような印象も」雪山に登るという自覚が全く感じら

    【【ライブ配信者】富士山を登り滑落か 専門家「雪の部分に入った時点で遭難してた」「下山しても17時には真っ暗」 ★8 】の続きを読む

    このページのトップヘ