ニュース天国

2chまとめニュースです。
トレンドニュースを載せています。
よろしければ暇つぶしに見てください。

    カテゴリ: 社会

    1: ばーど ★ 2019/06/05(水) 19:51:23.94 ID:aRemYJ2X9
    元農林水産事務次官の熊沢英昭容疑者(76)が東京都練馬区の自宅で長男(44)を殺害したとされる事件で、熊沢容疑者が警視庁の調べに対し、事件6日前に長男から激しい暴行を受けた、と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。長男はこの頃、「俺の人生は何なんだ」と叫ぶことがあったという。同庁は事件に至る経緯を詳しく調べている。

     練馬署によると、長男の無職英一郎さんは中学2年の頃から家庭内で暴力を振るい始めた。大学に進学してその後別居した時期もあったが、事件1週間前の5月25日、自ら希望して実家に戻った。

     捜査関係者によると、英一郎さんは家にこもってゲームで遊ぶ一方、26日には熊沢容疑者に激しく暴行。自暴自棄な様子で叫ぶこともあった。熊沢容疑者は妻に「長男に危害を加える」との考えを口にしたという。

     隣の小学校で運動会が開かれた6月1日、英一郎さんが「うるさい。ぶっ殺すぞ」と発言。4日前には川崎市で児童ら20人の殺傷事件が起きたばかりで、熊沢容疑者は「子どもたちに危害を加えてはいけない」と感じたといい、午後3時半ごろ、包丁で英一郎さんを殺害した疑いがある。

    2019年6月5日11時18分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASM65362QM65UTIL004.html?ref=tw_asahi

    ★1が立った時間 2019/06/05(水) 13:06:47.25
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1559721123/

    【【元農水次官長男刺殺】殺害された長男(44)「俺の人生は何なんだ」 事件6日前激しい暴行か】の続きを読む

    1: どどん ★ 2019/06/05(水) 11:36:44.72 ID:Nd6gmFCR9
    .京都で新たにオープンした和食店で、いきなり「予約バックレ」被害があったと店舗ツイッターが報告し、同情と応援の声が相次いだ。

     J-CASTニュースが話を聞くと、店長の男性は22歳の青年。念願の自分の店を開いたその日に起きた理不尽な出来事に心を痛めている。

    ■「本気で頑張ったから心の底から悔しいです」

     きっかけは2019年6月3日夜19時過ぎ、和食店「東寺こまどり」(京都市)によるツイッターでの次の投稿だ。4万回以上リツイートされ、大きく拡散された。

      「今日グランドオープンした当店に10人7000円の予約をしてくださいましたお客様がいましたが 時間をすぎても現れず お伺いした電話番号も偽の電話番号でした」

     投稿によると、予約の電話は「非通知」でかかってきた。「非通知電話で信じた当店も馬鹿でしたがとても悲しいです。ウキウキで必死に魚捌いてました」という同店。
    10人分の席が整然と用意された写真をアップしたが、そこに客は1人もいない。

     同店は投稿の理由を「他のお店の方々にも注意してもらえればと思い書き綴りました。非通知電話は通知してかけ直してもらうもしくは直ぐに教えて貰った電話に
    かけ直すなどの対応を摂ることをおすすめします」(原文ママ)としている。それでも、「丹精込めて作ったもの全てが無駄になる屈辱はとても辛いです。
    しかもオープンの日に」「本気で頑張ったから心の底から悔しいです。お客さんの喜ぶ顔を思い浮かべながら頑張ったのが初日にして踏みにじられる屈辱と悲しみは
    とても大きなものですね。勉強になりました」と悔しさが収まらない。

     予約してきた電話の相手は「50代ぐらいの男性」。「もしこのツイートを見てるのなら二度としないでください。これ以上悲しい思いをする人を増やさないように。
    あなたの行動は人を不幸にします」と怒りを募らせた。

    18歳からの修業を経て、念願の独立を果たしたその日に

     開店前の3日昼には「本日グランドオープンです!! 」として、この日仕入れた新鮮な魚介類の写真をアップ。「すっっごいのきましたよ」と開店祝いの花が
    届いたことを喜んだ。そんな矢先にいきなり襲った「バックレ」被害には、他のユーザーから

      「おんなじ飲食業として、すごく心がつらいです...ちょっと泣きそうになるくらい...」
      「晴れの日になんて非道いことを...心中お察し申し上げます」
      「これ見た近くの10人食べに行ってくれーーー!」
      「京都にはよく行くので絶対にいつか寄らせて頂きます!」

    などエールが殺到した。

     「東寺こまどり」の店長・岡田凌さんは4日午後、J-CASTニュースの取材に応じ、状況を詳しく明かした。予約の電話が入ったのは当日の3日。7000円のコース料理が
    10人分で、金額にして7万円。店内に入るのは20人程度のため店全体の約半分の席を確保していたことになるが、その甲斐虚しく客は来なかった。

      「用意していたのは、伊勢直送のお魚をメインに使ったコースです。フォアグラを使った一品や茶そばなどの他、デザートは日本酒を使ったイチゴリキュールをかける
    アイスでした。自分の作りたい料理にこだわって完成させたコースですね」

     実家が飲食店をやっていたという岡田さんは、幼いころから料理に親しみがあった。「中学卒業後に実家の手伝いをして、勉強させてもらいました。18歳からは
    色々なお店で修業させてもらいました」といい、22歳にして念願の自分の店を持つに至った。しかし「オープン当日にやられましたね...」。他にオーナーはいるが
    従業員はおらず、店は当面1人で回す。朝7時から準備、昼営業後2時間ほど休憩を挟み、夜は24時ごろまで開く。片付けなどを終えるのは午前2時ごろという。

     今後同様の被害を受けないように、「飲食店予約サイトなどを通じて予約を受けるようにするとか、非通知でかかってきた場合はリダイヤルさせていただいてから
    お受けするとか、予約の前日くらいに確認のお電話をさせていただくとか、イタズラで予約されるようなことがないようにしたいです」と話す。

    JCASTニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00000009-jct-soci
    ツイッターで公開された「予約バックレ」写真(提供:東寺こまどり)
    https://www.j-cast.com/assets_c/2019/06/news_20190604200936-thumb-autox380-158913.jpg
    予約の電話を受けた時に走り書きしたというメモ。上から名前、人数、時間、コース料金、電話番号が記録されれている
    (提供:東寺こまどり。編集部で一部加工)
    https://www.j-cast.com/assets_c/2019/06/news_20190604201551-thumb-autox380-158914.jpg

    【和食店、オープン初日に「10人予約バックレ」22歳店長「丹精込めて作ったもの全てが無駄に...」】の続きを読む

    【【なんでこんな俺ばっかり不幸な目に遭うんか】自殺した大分職員(26)、母親にLINEで窮状訴える 遺族が公務災害の認定申請】の続きを読む

    1: みなみ ★ 2019/06/04(火) 20:02:04.64 ID:3x/EnDsi9
    町内会費が「異常」なほど高すぎる――! これまで町内会(自治会)での様々なトラブルを取り上げてきたJタウンネットに、こんな怒りのメールが届いた。富山県に住む40代女性・Eさんからの投稿だ。

    Eさんの住む地域では、新年会の会費(欠席でも払う必要があるという)や神社へのお布施などをあわせて、トータルで年に2~3万円を町内会に支払っているという。これに、20代の息子は納得できないようで、「時代を考えろ!」と町内会に強く反発しているそうだ。

    「だから町内会は嫌なんだ」

    富山は他県に比べても家の保有率が高く、アパートに住むくらいなら家を買うのがお得で安い!と考えられている環境です。

    子供も大きくなり、私達も古民家を購入して、自分達でDIYを楽しみながら暮らしています。

    ところが...住み始めてビックリしたのは町内会費です。

    町内会費を1年分まとめて支払え!
    新年会するから3000円会費だせ!(欠席でもだせ!)
    神社に布施2500円をだせ!(強制だ!)

    こういった横暴ともいえる要求にキレた息子は、「釣りはいらないから出てけ!」と玄関まで上がってきた町内会の人を追い出しました...

    このように、1年間でトータル2万~3万円、町内会にとられてます...。

    いくらお祭りや地鎮祭があっても、そこに住む人が変われば様相も変化しなければいけないのではないでしょうか。

    町内会の運営の方達の年齢を見ても若い人達はいません。

    いつ...ウチの息子達が犠牲になるか...(若いからと...目をつけられました)

    富山にしか住んでおられない方からすると当たり前のことかもしれませんが...

    あまりにも異常な金額と封建制度のなごりを感じて恐怖すら感じます...

    以下ソースで読んで
    2019/6/4 17:00
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190604-79406856-jtown
    ★1 2019/06/04(火) 19:15:38.82
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1559643338/-100

    【「まるで戦前の日本」「異常な金額です」 町内会費の強制徴収に悩む女性】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/06/04(火) 16:58:05.41 ID:c6vJGK3q9
    6/4(火) 15:43配信
    AbemaTIMES
    「ひきこもりは非常に犯罪率が低い集団としか言いようがない」精神科医・斎藤環氏が過剰な報道に苦言
    斎藤環氏

     先月、神奈川県川崎市で小学生ら20人が刃物で襲われ2人が死亡した事件、そして1日に東京都練馬区で元農林水産事務次官が長男を視察した事件。いずれの事件でも、メディアの報じ方に疑問の声が上がっている。

     報道番組では、事故現場でリポーターがストップウォッチを用いて“10数秒“という容疑者の犯行スピードの速さを表現。あるいはコメンテーターやキャスターが「1人で死んでくれ」という趣旨の発言も飛び出した。また、容疑者の家宅捜索を伝える報道では「部屋からテレビやゲーム機」という見出しで伝えたことが非難を浴びた。

     3日放送のAbemaTV『AbemaPrime』に出演した精神科医の斎藤環氏は「まず最も欠けているのが、海外の乱射事件などでなされていることでもある、被害者の追悼と遺族への寄り添いだ。事件の背景の掘り下げも大事だが、初期段階としては被害者のサポート、心の問題についてのケアがなされて然るべきだと思う。そうした視点があれば、ストップウォッチのような、トラウマをえぐる報道はしないはずだ。検証するにしても、もう少しやりようがあるという気がする。被害者視点が欠けており、単純に事件を面白おかしく消費しているとしか言いようがない。そこは残念ところだ」と指摘。

     「“たくさんの人を犠牲にするくらいなら、1人で死ねば良かったのでは“という主張は、一般人のネット上の意見ならいいとしても、少なくともメディアに関わる人にして欲しくない発言だった。テレビ・ゲームと関連付けるのも問題外で、要するに“現実と虚構の区別が付いていません“みたいなことを言いたかったと思うが、連続幼女殺人事件の時に部屋にカメラが入り込んでエロ雑誌やビデオが原因だ、とやった報道を変になぞっている感じがした。失笑ものと言っていいくらいだ」。

    ■対策をセットで示すべき

     また、川崎市の会見以後、ひきこもりの当事者が犯罪予備軍のように見られかねない事態も生じている。

     斎藤氏は「ひきこもり傾向だということは事実であろうことなので仕方がない部分もあるが、過度に犯罪に結びつけることはやはり違うと考える。川崎と練馬の間には福岡で子どもが母親を刺すという事件があったが、“連鎖“があったかどうかは検証しようがないし、ひきこもりという言葉が使われ始めて20年が経っているが、明らかにひきこもりの人が関わったという犯罪は数件しかない。つまり、100万人の当事者がいて数件しかないというのは、非常に犯罪率が低い集団としか言いようがない。相関関係がない問題を無理に結び付けようとするのではなく、抑制的に報道をして欲しい」と主張。

     「ただ、私の統計では大体1割前後に家庭内暴力がみられるので、これに対する対策はちゃんとした方がいい。実際、高齢化して要介護になった親御さんと心中を図ったケースが過去にも数件あり、福岡のケースはこれに近いものを感じた。また、暴力に耐えかねて親が子どもを殺すというケースも過去に数件起こっている。高齢化に伴う8050問題が報道されていて、内閣府も“61万人いる“と発表したばかりだ。“通り魔はしないけど家庭内暴力はあり得る。その場合、どうやって暴力に対峙するか“ということへの対処法についての報道をしてもらうことが続発を防ぐ方法だと思う。また、ひきこもりの人を強引に外に出そうという業者も結構いて、そういう人たちが民放の番組などでも紹介されているが、これは非常に問題だ。高額な金額を請求しておいて、3か月かそこら預かって、変わらないとなるとほっぽり出すという業者も中にはいる。その辺の実態を見極めてから報道に使っていただきたい」。

     自身も24歳から約2年半のひきこもりを経験、現在は当事者たちの声を発信するメディア『ひきポス』編集長を務める石崎森人氏「テレビで“犯人はひきこもり傾向に“といったテロップが常に出ていたりする。ひきこもりの息子がいる親がそれを見て不安に思うのはごく自然なこと。私の関係している家族会の所でも、相談の電話が鳴りやまないという。その意味で、何かしらの影響を親に与えているとは思う。“ひきこもりと人を殺すことは関係ありません“とはっきり断りを入れるということがとても大事なことなのではないかなと。

    続きはこちらで↓
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00010018-abema-soci

    ★1がたった時間:2019/06/04(火) 15:45:37.76
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1559630737/

    【「ひきこもりは非常に犯罪率が低い集団としか言いようがない」精神科医・斎藤環氏が過剰な報道に苦言】の続きを読む

    このページのトップヘ