ニュース天国

2chまとめニュースです。
トレンドニュースを載せています。
よろしければ暇つぶしに見てください。

    カテゴリ: 地震

    1: ガーディス ★ 2019/01/18(金) 21:47:08.01 ID:OfXrv79w9
    たヴぁ

    【【速報】地震 】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2019/01/14(月) 13:28:08.44 ID:aiAPoVb29
    https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/20190114132353.html

    発生時刻 2019年1月14日 13時23分ごろ
    震源地 茨城県南部
    最大震度 4
    マグニチュード 4.9
    深さ 50km
    緯度/経度 北緯36.2度/東経139.8度
    情報 今後の情報に注意してください。

    震度4
    茨城県 茨城県北部 

    栃木県 栃木県南部 

    埼玉県 埼玉県北部 


    震度3
    福島県 福島県中通り 

    茨城県 茨城県南部 

    栃木県 栃木県北部 

    群馬県 群馬県南部 

    埼玉県 埼玉県南部  埼玉県秩父 

    千葉県 千葉県北西部 

    東京都 東京都23区 

    【【地震】茨城県南部で震度4。1月14日 13時23分ごろ 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/12/11(火) 15:24:20.01 ID:CAP_USER9
    南海トラフ地震が発生する恐れが高まったとして「臨時情報」が出された際、住民や自治体、企業が取るべき対応や課題について、政府の中央防災会議は11日、報告書の最終案を提示した。三つの異常現象を対象に検討し、想定震源域でマグニチュード(M)8級の地震が起きて臨時情報が出た場合、一部地域はその後のM9級の巨大地震に備え、全住民が1週間程度、避難するとした。

    最大32万人の死者が想定される南海トラフ地震は今後30年以内に70~80%の確率で発生するとされる。突然巨大地震に襲われる恐れもあるが、前兆の可能性がある異常現象が確認される場合もあり、気象庁は有識者らによる調査開始やその結果を臨時情報として発表する。

    臨時情報につながる異常な現象は、想定震源域の半分でM8級の巨大地震が起きる「半割れ」、震源域の一部でM7級の地震が起きる「一部割れ」、プレート境界が揺れを伴わずに動く「ゆっくりすべり」の3パターン。

    このうち「半割れ」ケースで、後発の巨大地震による津波到達までに避難が完了できない地域の全住民と、それ以外の地域でも避難が完了できない可能性がある高齢者らは1週間程度、事前に避難するとした。具体的な対象者は市町村があらかじめ決める。避難先は知人宅など個別に確保することを基本とした。

    「一部割れ」「ゆっくりすべり」での臨時情報発表時は、その後の巨大地震の発生確率などから、政府が地震への備えを呼び掛ける程度にとどめる。「半割れ」ケースでの事前避難のほかは、住民や企業がそれぞれの状況に応じて行動することを基本とした。

    政府は昨年、東海地震の予知を前提とした大規模地震対策特別措置法を約40年ぶりに見直した。首相が警戒宣言を出して鉄道を運休させたり学校を休校させたりする防災対応をやめ、南海トラフ地震に関する臨時情報の仕組みを導入した。

    今後、報告書案をもとに政府がガイドラインを作成し、都府県や市町村、病院、鉄道事業者などが個別の防災計画を策定する。(山岸玲)

    12/11(火) 14:15
    朝日新聞デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000033-asahi-soci
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181211-00000033-asahi-000-view.jpg

    【【地震】南海トラフ「兆候」、全住民が1週間避難の地域も 政府が最終案 】の続きを読む

    1: サーバル ★ 2018/10/07(日) 10:18:13.21 ID:CAP_USER9
    震源 / 深さ 愛知県東部 / 40km
    緯度 / 経度 北緯 35.0度 / 東経 137.6度
    マグニチュード 5.1
    震度 4 長野南部
    震度 3 静岡中部 静岡西部 愛知東部 愛知西部

    https://www3.nhk.or.jp/sokuho/jishin/data/JS00cwA0181007101426_20181007101645.jpg
    https://www3.nhk.or.jp/sokuho/jishin/index.html?id=JSA0181007101426_20181007101645

    【地震 震度4 長野南部 】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2018/09/25(火) 05:07:22.60 ID:CAP_USER9
    毎日新聞 2018年9月19日 07時00分(最終更新 9月19日 08時58分)

     今月6日未明の北海道地震発生後、道内全域が停電(ブラックアウト)するまでの間、電力需要が急激に高まっていたことが判明した。主力の火力発電所の停止で供給が大幅に落ち込むだけでなく、需要も急増したことで、強制的な停電などで需給バランスを取ることが困難になり、ブラックアウトを引き起こした可能性がある。

    北海道電力などによると、6日午前3時8分、苫東厚真火力発電所(北海道厚真町)2、4号機(出力計130万キロワット)が地震の揺れを感知し自動停止し、道内の使用電力の半分を賄っていた電源が失われた。このため北電は、一部地区への電力供給を強制的に止めて需要を抑える「負荷遮断」を複数回実施。一時は需給のバランスが取れたものの、何らかの原因で再びバランスが崩れたため、ブラックアウトに陥ったことがこれまでに判明している。

     関係者によると、負荷遮断の対象外で電気が通じた地域では、地震で目を覚ました住民が状況を確認しようと一斉に照明やテレビをつけるなどして電力需要が急伸していた。電力業界関係者は、「非常事態で失った供給力に合わせて需要も抑えて平衡させようという時に、需要だけ一斉に膨らめばバランスを取るのは難しい」と指摘する。

     全国規模の電力運用を担う経済産業省の認可団体「電力広域的運営推進機関」は19日に有識者らによる第三者委員会を設置し、21日に初会合を開催。地震発生後の詳しい電力需給データを調べて、大規模停電に至った経緯や、北電の初動対応が適切だったかどうかを検証する。同省も作業に加わり「結果を踏まえて全国の電力インフラを総点検し、電力供給の強靱(きょうじん)化にしっかり対応する」(世耕弘成経産相)構えだ。【岡大介、袴田貴行】

    https://mainichi.jp/articles/20180919/k00/00m/040/178000c
    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537798179/
    1が建った時刻:2018/09/24(月) 18:27:38.15

    【【社会】北海道電力「地震で道内全域がブラックアウトしたのは道民が一斉にテレビや照明をつけたから」】の続きを読む

    このページのトップヘ