ニュース天国

2chまとめニュースです。
トレンドニュースを載せています。
よろしければ暇つぶしに見てください。

    カテゴリ: 健康・医療

    1: 田杉山脈 ★ 2019/07/11(木) 21:57:05.37 ID:CAP_USER
    医療費抑制につながる市販薬の利用が広がらない。湿布や鼻炎薬など市販薬があるのに、利用者が病院に通って処方される医薬品の総額が5千億円を超すことが日本経済新聞の調べでわかった。処方薬は自己負担が原則3割と安いからだが、残りは税金や保険料で賄う。一律に保険を使う制度を改め、代えがきかない新薬に財源を振り向ける必要がある。

    ■病院での自己負担、市販の4分の1

    2016年度の医療費は42兆円で、うち薬の費…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47086730Y9A700C1SHA000/

    【【医療】市販薬あるのに・・・病院処方いくら? 医療費膨張の一因 】の続きを読む

    1: 猪木いっぱい ★ 2019/07/12(金) 16:38:54.48 ID:Ns/ON7bC9
    脱毛は多くの人にとって問題です。緊張、AC、汚染、栄養価の高い食べ物の欠如、絞り、カーラーの乱用、遺伝学、硬水、乾燥肌はすべて髪を攻撃します。

    これにより、髪は以前よりも細くなり、弱く打ち負かされてつぶれます。これは多くの人々に劣等感をもたらす可能性があります。

    しかし、あなたの髪を豊かにする方法はたくさんあります。食事、マッサージ、ヨガもよいでしょう。ヨガは体に多くの利点があります。
    これらの利点はまた毛を増強するのを助けます。これらのヨガはあなたの髪を強化するのに役立ちます。

    膝の上に座り、両足を後ろに伸ばします。腰が手足、太もも、足の上にくるようにゆっくりと体を下げます。両手を膝、胸、頭の真上に向けてください。目を閉じてください。ゆっくり深呼吸をして、5秒間息を止めます。それからゆっくり息を吐きます。同じ位置で5~10分間呼吸を繰り返します。これを1日2回行います。

    上記、消化器系を強化します。これは体が栄養素を吸収する力を得るのを助けます。食事中のすべての良い栄養素は不活性です。効果は私たちの髪と肌に見えます。

    腹に横になり、両手を腰に当てます。つま先を地面に押し付けて頭を直立させる必要があります。ゆっくりと吸い込み、できるだけ肘を前に上げ、腰を上げ、後ろに戻します。手足をいっぱいにしましょう。両手で頭を持ち、前腕の手のひらと後ろの手のひらを伸ばしたまま、頭を床に下げます。同じ座席に数秒間座ってから、睡眠位置に戻ります。このシートを4~5回やる。それぞれの後に10秒間休んでください。

    上記、 腹筋を強化します。足を伸ばすと、より柔軟になります。血行が日常の練習で容易になります。それは頭皮の毛包を強化し、髪の毛の根元を強化します。体内のストレスホルモンの放出を減らし、ストレスによる脱毛のリスクを減らします。

    膝の上に立ち、腰に手を置きます。四肢に天井を見させる。足首にゆっくりと手を置き、できるだけ大きく曲げます。あなたがそれに気付くまであなたのおへその近くで伸ばして後ろに傾いてください。同じ位置に30秒間置きます。この席を5回繰り返します。

    上記、脊椎と肩の筋肉を強化し、消化を改善します。これは体がより多くの栄養素を吸収するのを助けます。さらに、頭の後ろが良くなり、頭への血流が強くなります。

    背中をまっすぐにしてください。目を閉じて深呼吸をしてください。今すぐあなたの胃の中の圧力を感じるのに十分に大声で息を吐きます。これを4分間繰り返します。

    上記、血液循環を楽にするでしょう。これは髪がより良い栄養素を得てより強くなるのを助けます。

    gooqle翻訳
    https://kannada.asianetnews.com/life/yoga-for-hair-growth-and-health-pu7lgw
    https://static.asianetnews.com/images/01df3063jyx3e7xr0h7b22ssrj/hair-growth-jpg_710x400xt.jpg
    http://static.asianetnews.com/images/01df31rbrkmqfn5157ee0w7xyw/sam-am-jpg.jpg

    【【発毛のポーズ】ヨガでハゲが改善される!?バングラデシュの秘技を伝授 】の続きを読む

    1: みんと ★ 2019/06/25(火) 06:50:09.67 ID:RZ+jJ1lz9
    厚生労働省は患者が自分のかかりつけ医を任意で登録する制度の検討を始めた。

    診察料を月単位の定額として過剰な医療の提供を抑えたり、かかりつけ医以外を受診する場合は負担を上乗せして大病院の利用を減らしたりする案を検討する。

    身近なかかりつけ医が効率的な治療や病気の早期発見にあたる仕組みを普及させ、医療費の伸びの抑制を狙う。

    日本経済新聞 2019年6月25日 1:31
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46515120U9A620C1MM8000/

    【かかりつけ医を定額制に 過剰な診療抑制 厚労省検討 】の続きを読む

    1: ごまカンパチ ★ 2019/06/21(金) 17:49:42.47 ID:Hi9HOMfI9
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190621-00206224-diamond-soci
    ■うつ病はこれまで どのように扱われてきたのか
     若い医師はあるとき、リウマチ性関節炎と診断されていた女性患者がうつ病をも患っていることに気づいた。
    そのささやかな発見に気をよくした彼は、上機嫌で先輩医師にその旨を伝える。
    だが、先輩医師から返ってきた反応はきわめて淡白なものであった。「うつ病? そりゃ、君だってそうなるだろうよ」。

     以上は、本書『「うつ」は炎症で起きる』の著者エドワード・ブルモアが内科の研修医時代に実際に経験したことである。
    そしてそのエピソードは、うつ病がこれまでどのように扱われてきたのかをよく物語っている。
    それはすなわち、「うつ病のような精神疾患はすべて心の問題だ」という扱われ方である。
    「そりゃ、君だって関節炎のことで悩むだろうし、そうしたらうつ病にでもなるだろうよ」というわけだ。

     しかし、著者はいまやまったく別様に事態を見ている。
    その見方は、かつては自分でも「いかれている」と思えたようなものだ。
    著者曰く、先の女性患者は「リウマチ性疾患のことを思い悩んだせいでうつ状態になったとは思わない」。
    そうではなく、「もっと単純に、炎症性疾患にかかったから、彼女はうつ状態になったのだ」。
    つまり、じつは体の炎症それ自体がうつ病のおもな原因である(!)というのだ。

     その新たな見方は、もし正しいとしたら、うつ病に対する扱いを根本から変えるものとなるだろう。
    なんてたって、うつ病はただの「心の問題」(や「脳の問題」)であるだけでなく、「体の問題」でもあるというのだから。
    しかし、その見方には本当に説得力があるだろうか。

    ● 体の炎症とうつ病との関連を示す証拠は 年々増えてきている
     著者によれば、体の炎症とうつ病との関連を示す証拠は年々増えてきている。
    たとえば、9歳の時点で軽い炎症を起こしている子どもは、その後の18歳の時点でうつ状態になっている可能性が明らかに高い。
    また、B型肝炎の治療として患者の体内で強い炎症反応を生じさせると、患者のじつに3分の1がうつ状態になってしまう。
    そのように、近年集まりつつある科学的証拠は、炎症とうつ病との因果関係を示し始めているというのである。

     だが、体の炎症がうつ病の原因であるとして、前者は後者をいったいどのようにして引き起こすのか。
    その因果的メカニズムを明らかにすることこそが、著者の研究の最も目を惹く部分であり、本書のハイライトでもある。
    以下で、その概略を簡単にたどってみよう。

     ポイントとなるのは、免疫系の働き、とくに免疫細胞とサイトカインの働きだ。
    免疫系は、異物の侵入などからわたしたちの体を守ってくれる防衛軍のようなものである。
    たとえば、あなたが外傷を負ってしまい、その傷口から細菌が体内に侵入してきたとしよう。
    すると、マクロファージ(白血球の一種)などの免疫細胞がいち早くそれを察知し、細菌を「非自己」として排除しようとする。
    傷口周辺が腫れたり、熱をもったりといった炎症反応が生じるのも、じつはそのように「免疫系が非自己から自己を守る行動」が起きているからなのだ。

     そしてそうした免疫系の闘いは、局所にとどまらないことがある。
    なかでも、現場の部隊だけでは対処できないようなケースでは、前線のマクロファージはほかのエリアにいる部隊へ速やかに情報を伝達することになる。
    そしてその際にマクロファージが発するのが、サイトカインというホルモンだ。
    そのホルモンは血流に乗ってほかのエリアへ運ばれ、そこにいる免疫細胞たちに警報や出動命令を伝えていく。
    そうやってサイトカインは、ほかのマクロファージたちを「怒らせる、つまりもっと炎症を起こさせるのだ」。

     さて、そこでとくに重要となるのが、免疫細胞やサイトカインがじつは脳にまで到達するという事実である。
    従来は、脳は血液脳関門(BBB)という障壁に阻まれていて、体の免疫系から完全に切り離されていると考えられていた。
    ところが、最近の研究によって、BBBの壁(内皮細胞)には十分な隙間があり、サイトカインや免疫細胞がそこを通過していることがわかってきたのである。
    ということはつまり、体の免疫系は脳に対して影響を与えうるというわけだ。
    実際、体で炎症反応が生じると、そこで放出されるサイトカインをとおして、その影響は脳にも及んでいると考えられる。

    ※続きはソースで

    【【鬱】うつ病は心の問題ではなく「体の炎症」が原因で起きている!? 】の続きを読む

    1: 靄々 ★ 2019/06/08(土) 23:53:49.36 ID:d70eiVLn9
    市民病院で救急医が一斉退職へ 診療体制の維持に危機

     大津市の地方独立行政法人・市立大津市民病院で、救急医療に携わる医師の大半が一斉に退職することが、滋賀県幹部らへの取材でわかった。院内の救急以外の医師で対応する一方、近接する複数の病院に応援を打診している。しかし医師不足を解消し、診療体制を維持できるかは不透明な状況だ。
     市民病院は、救急外来「ERおおつ」が24時間態勢で、休まずに救急患者を受け入れている。集中治療室(ICU)に8床あり、屋上のヘリポートではドクターヘリが離着陸できる。

     市消防局によると、昨年1年間に救急搬送した約1万6千人のうち、24・7%にあたる4044人は市民病院が受け入れたという。

    【写真】24時間対応の救急外来「ERおおつ」の出入り口
    https://www.asahi.com/articles/photo/AS20190607001977.html?ref=yahoo

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-00000050-asahi-soci
    6/8(土) 21:04配信 朝日新聞デジタル

    【大津市民病院で救急医が一斉退職へ 診療体制の維持に危機 】の続きを読む

    このページのトップヘ