ニュース天国

2chまとめニュースです。
トレンドニュースを載せています。
よろしければ暇つぶしに見てください。

    カテゴリ: 健康・医療

    1: みつを ★ 2019/03/12(火) 18:13:52.89 ID:fZNYcMri9
    https://news.line.me/issue/oa-tokyoshimbun/732d1f887c34?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_campaign=none&share_id=zlM52381835139

    性依存症は専門治療を 回復可能な病気「偏見なくしたい」
    2019年3月12日 11:22東京新聞

     公に語られることの少ない性依存症がテーマの漫画「セックス依存症になりました。」が、集英社のインターネット上のコミックサイトで連載され、話題だ。性的な衝動をどうしても抑えることができず、繰り返し浮気をしたり風俗店に通ったりする行動は、治療が必要な病気であること、回復が可能なことを作者の実体験を基に紹介し、正しい理解を呼びかけている。(編集委員・安藤明夫)

     作者の津島隆太さんは、首都圏在住の四十代の漫画家。昨年四月に同社のサイト「週プレNEWS」で始まった連載は、毎週金曜に更新され、現在四十四話まで無料公開されている。

     津島さんは、若い時から多くの女性と、次々に性的な関係を持ってきた。しかし、数年前、同居していた若い女性に以前の恋人との仲を疑われ、激しい暴力を受けたことをきっかけに、精神的に不安定になった。

     心療内科を受診すると、他人に比べて高い性的なものへの関心、すぐに性行為を求めてしまうなど女性との付き合い方のいびつさを指摘された。

     また、幼少期に父親から虐待を受けた経験が、相手をコントロールしたいという欲望につながっていることにも気付く。
    (リンク先に続きあり)

    【知られざる「セックス依存症」の実態 専門治療を、回復可能な病気 東京新聞 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [US] 2019/03/09(土) 15:41:23.29 ID:RvNTeAQd0 BE:837857943-PLT(16930)
    sssp://img.5ch.net/ico/araebi.gif
    それは「病気」。日本の若い女性を襲う新型栄養失調からの脱却法
    栄養失調と聞くと、どこか遠くの国の問題のような気がしますが、実はこの日本で、それも若い女性を中心に現在進行形で増えているのだそうです。
    今回の無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』では著者の真井花さんが、豊かな日本で密かに進行する健康問題、
    「新型栄養失調」の原因と対策を解説しています。

    新型栄養失調
    さて、本日は最近問題になってきている健康のお話。

    最近日本で密やかに進行している健康問題。それが

    栄養失調
    です。栄養失調って、なんていうか、こう、社会全体が貧しくて隅々に食料が行き渡らないために陥ってしまうイメージがありますよね。ところが、
    豊かな日本において、これがマジで深刻なんです。

    とりわけ重大なのは

    若い女性
    です。その原因として

    美の基準が痩身であること
    が指摘されています。要はぽっちゃりよりスリムの方がキレイだと思われているってことです。日本の20代女性の摂取カロリーは、先進国の中で

    ダントツ最下位
    です。

    https://blogos.com/article/362967/

    【もう身体にガタがきているだろ 持病を書こう 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2019/03/08(金) 14:39:10.56 ID:obFf2YnN0● BE:448218991-PLT(14145)
    sssp://img.5ch.net/ico/aroeri-na32.gif
    公立福生病院(東京都福生市)で人工透析治療を中止された腎臓病患者の女性=当時(44)=
    が死亡した問題で、病院が2013年4月から17年3月、終末期でない患者に対し、最初から
    透析治療をしない「非導入」の選択肢を示し、約20人がこれを選んでいたことが8日、分かった。

     都や病院関係者によると、福生病院の腎臓病総合医療センターは、患者が腎不全で透析治療か
    腎臓移植が必要になった場合、移植不可能と判明した時点で「透析治療」と「透析治療しない非導入」
    を患者に提示していた。

     同センターが発足した13年4月からの4年間に受診した149人のうち、終末期ではない約20人が
    非導入を選択。大半は50代以上だった。都は死者も出たとみて、カルテなどを詳しく調べる。

     同センターの医師は、「非導入」を選択して透析しない場合は、死亡することを患者側に伝えていたという。
     日本透析医学会の指針は、透析の見合わせを検討する状況を、患者の全身状態が極めて不良な場合と、
    透析実施が患者の生命を著しく損なう危険性が高い場合に限っている。(2019/03/08-12:53)
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019030800696&g=soc

    【終末期ではない患者約20人が透析拒否選択し死亡 】の続きを読む

    日本国内では入手困難な様々なお薬の販売を行なっている個人輸入代行サイト、
    アイパワーをご紹介します。

    https://i-power2.net/


    こちらのサイトで取り扱う商品の中には、安価なジェネリック医薬品も多く、コスト面が気になって購入できなかった方にも朗報です。

    家族に個人輸入代行業者の利用を知られたくない方にも(品名はhealth productと表記されますが)、医薬品名や商品名を記載することはないので安心です。

    個人輸入サイトを利用するのは初めてで不安な方は、実際の購入者のレビューを見て参考にされるといいです。

     

    商品カテゴリーには、

    以下のようなものがあります。


    筋肉増強剤・アナボリックステロイド(42)
    ED
    薬・勃起不全(カマグラ・シアリス・タダリス・レビトラなど)(88)
    抗うつ剤・抗鬱剤・SSRI (プロザック・パキシル・ゾロフト等)(21)
    睡眠薬・睡眠導入剤・精神安定剤(64)
    育毛・発毛剤(プロペシア・ミノキシジル等)(46)

    抗生物質 (クラビット・ジスロマック・アルダラクリーム 等・性病など)(38)

    抗生物質・水虫等 (ラミシール・イトラコナゾール等)(11)

    抗生物質 (その他等)(3)

    性病・肝炎・ピロリ菌、検査キット(13)
    ペニス増大・早漏防止 (ハーバルビリリティ・ハーバルビビッド 等)(22)

    ダイエット・減量・食欲制御剤・ゼニカル・スリメックス(43)

    利尿剤・ラシックス(14)
    避妊薬・ピル・アフターピル・マーベロン・トリキュラー(29)
    まつ毛育毛・ルミガンなど(17)、女性ホルモン・黄体ホルモン(18)
    成長ホルモン(6)
    美肌・美白・プラセンタ(25)
    ニキビ(にきび)(4)
    スマートドラッグ(8)
    禁煙治療薬(9)
    片頭痛・偏頭痛(5)
    鎮痛剤・痛み止め(18)
    糖尿病(3)
    花粉症(アレルギーなど)(8)
    ぜんそく・痛風(ザイロリックなど)(5)
    肝機能改善(7)
    禁酒・断酒補助剤・抗酒癖剤(6)
    胃潰瘍・逆流性食道炎など(7)
    皮膚の炎症・かゆみ(19)
    抗癌剤(2)
    ()(6)
    てんかん・リューマチ治療薬(4)
    コレステロール低下薬(リピトールなど)(7)
    犬猫の薬・フィラリア予防薬(22)
    媚薬・ナイトサプリ(28)
    女性用バスト関連 (ミラクルブレスト・ワンダーブレスト・ブレストコントアー等)(5)
    錠剤カッター (ピルカッター等)(2)

     

    (注意)日本国内の法律により未承認薬の指定を受けている商品に関しては、ご自身においてのみ使用する事が許可されているので、安易に商品を譲ったり、譲られたりするような事は禁止されています。

    そういった規則を守って利用すれば、2019年からBitcoinでの支払いも可能になり、大変便利です。
    薬の輸入代行サイト アイパワー

    https://i-power2.net/

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [JP] 2019/02/12(火) 21:42:40.07 ID:4At6V2He0 BE:837857943-PLT(16930)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
    しっかり食べているのに栄養不足で「うつ」に? 気をつけるべき食生活とは

    ■食生活の落とし穴、「タンパク質」不足
    タンパク質は筋肉や骨、皮膚、臓器、髪の毛などの元で、血液中では栄養素を運んだり、体内の化学反応を仲介する代謝酵素になるなど、
    非常に多くの役割を担っているほか、心を落ち着かせるセロトニンや、喜びを感じさせるドーパミンという脳内の神経伝達物質を生成するために
    必須の材料でもあります。

    ところが、日本人はそのタンパク質が不足しがちだと著者の藤川氏は言います。
    運動をしている人は意識的にタンパク質を摂取しているかもしれませんが、あまり気を使わない食生活を送っていると、タンパク質の
    摂取量が少なくなりがちになってしまうのです。

    1日に食べ物から摂取すべきタンパク質は、本書によると「50~70グラム」程度。
    一方、10グラム摂取するために、牛肉(和牛赤身・もも)なら47グラム、豚肉(赤身・かたロース)なら49グラム、鶏肉(もも・皮つき)なら58グラム、
    そして豆腐だと100~150グラム、さらに、卵なら1.5個を食べる必要があります。
    つまり、50グラム摂取するためには、豚肉だけだと245グラム、卵だけだと約7.5個食べることになります。
    特に近年は、ダイエットのため1食抜く(もしくは2食も抜く)という人も多く見受けられます。こうした食生活の変化がタンパク質不足を招いているのかもしれません。

    https://news.nifty.com/article/item/neta/12147-9113/
    しっかり食べているのに栄養不足で「うつ」に? 気をつけるべき食生活とは
    https://news.nifty.com/cms_image/news/item/12147-9113/thumb-12147-9113-item.jpg 👀
    Rock54: Caution(BBR-MD5:1341adc37120578f18dba9451e6c8c3b)

    【「うつ」には散歩もそうだけど「タンパク質」をたっぷりと食え 】の続きを読む

    このページのトップヘ