ニュース天国

2chまとめニュースです。
トレンドニュースを載せています。
よろしければ暇つぶしに見てください。

    カテゴリ: 地方

    1: ガーディス ★ 2019/03/11(月) 07:15:44.31 ID:YseQxHrH9
    2019年3月10日7時54分
    都庁に次ぐ高さの群馬県庁 バブル崩壊前の計画そのまま

    2020年、群馬県人口は240万人になる――。そんな推計に基づいて、平成初期に建設が計画された群馬県庁舎。人口減少が進む県都にそびえる地下3階、地上33階建てビルは何を象徴するのだろうか。

    新庁舎の建設に向けて、県が「県庁舎建設準備研究会調査班」を設置したのは1989(平成元)年。当時の総務部副部長で、その後、総務部長として基本設計の立案などに関わった唐沢太市さん(86)は
    「単なる事務所ではなく県民に開かれた庁舎をつくろうと、フロアは100年先を見据えて余裕を持ったものをと話していました」と当時を振り返る。
    当時の県庁舎は、業務や職員数の増加に伴い建て増しが重ねられた。県がまとめた建設誌によると、平成初期には行政庁舎だけで9棟、議会庁舎や県警本部庁舎を含めると15棟の分庁舎が乱立。
    「不便だし、建て増しで結局高くついていた」と唐沢さん。90年には「県庁舎建設委員会」を設け、具体化が進められた。
    将来人口や職員数の推計に基づいて新庁舎のフロア面積を計算。90年10月時点の県人口は約197万人で、推計では95年に200万人を超え、その後も右肩上がり。
    嘱託職員や関係機関を含み、議会、警察の職員は除いた本庁職員は20年には400人増の約3千人になると見込んだ。
    推計当時、上信越道の開通を控え、北関東道や北陸新幹線の工事、リゾート開発も進行。建設誌は「高速交通網の整備により、本県が北関東の中枢として、その主導的役割を果たして行くことになる」「就業機会も拡大し、(中略)人々の定住傾向も強まる」とバラ色の未来を描いている。
    これらの数字に基づき、新庁舎の規模は旧庁舎の2・4倍の6万7千平方メートルで計画。91年の建設案のコンペで現庁舎案が選ばれた。

    しかし同年、早くも現実は暗転した。
    バブル経済は崩壊し、県への流入人口は減り始め、その後は流出が流入を上回るように。高層県庁舎の計画には批判の声も上がった。
    95年知事選では、当時の現職小寺弘之氏の対立候補が「計画はバブル時代の産物。生活実感からかけ離れている」「高い県庁舎に低い福祉」などと批判の的にした。
    小寺氏の再選で計画は続行。96年に着工し、建設費は県議会、県警庁舎を含め654億円。
    3分の2の約434億円は積立金を充てたが、残る約220億円は起債(借金)や繰入金、国庫補助でまかない、99年に新庁舎は完成した。

    https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20190307004731_comm.jpg
    https://www.asahi.com/articles/ASM2W5S3HM2WUHNB00S.html

    【【2020年、群馬県人口は240万人になる】バブルのノリで群馬県庁を建ててしまい今更後悔 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [JP] 2019/03/03(日) 08:01:21.73 ID:UUmCtYa/0 BE:837857943-PLT(16930)
    sssp://img.5ch.net/ico/araebi.gif
    かつて捕鯨基地として栄えた鮎川港のある宮城県石巻市でクジラ肉の販売会が行われ、多くの人が買い求めました。
    この販売会は、クジラ肉を食べる文化を伝えていこうと、石巻市が行ったものです。
    石巻市の道の駅「上品の郷」では去年1月から3月にかけ南極海で行われた調査捕鯨で捕獲された、ミンククジラの肉およそ300キロが用意されました。
    1パック約500グラムが1600円程度と市価より4割ほど安いこともあって、訪れた人たちが次々と買い求めていました。
    政府は今年7月から商業捕鯨を再開することを決めており、石巻市ではクジラ肉の流通量が増えることを期待しているということです。

    動画ソース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00000001-tbcv-l04
    http://www.kujira-tai.com/files/pc_teaser_02.png
    http://www.sakana-shop.com/item/image/gentei01-01.jpg
    http://act-ele.c.ooco.jp/blogroot/igarage/img/img_box/img20100426144022786.jpg

    【クジラ肉の販売に行列 宮城県石巻市 そして商業捕鯨を再開 】の続きを読む

    1: 茗荷 ★ 2019/02/06(水) 09:31:47.09 ID:XImgN9659
     青森県むつ市は、窓口で市民と応対する職員に対し、特段の事情がないかぎりマスクをつけずに接するよう求めている。「不快な印象を与えない」とする窓口対応改革の一つだ。風邪の流行期となる冬場はマスク姿が多くなりがちだが、体調が悪い職員には「窓口対応をさせない」「自宅で休ませる」ことを徹底した上で「ノーマスク」を推進している。

     窓口で市民と接する際にマスクをしていると「表情が見えづらく不快な印象を与えかねない」「会話が聞き取りづらくなって説明の内容が十分に伝わらない恐れがある」というのが着用禁止の理由だ。

     市の窓口を訪れた人に、本人確認のためにマスクを外してもらうこともある。市民サービス推進監である坂野かづみ市民課長は「市民にマスクを外すように求めながら、こちらがマスクをして対応するのはどんなものかとも考えた」と話す。

     ノーマスクは「窓口サービス日本一」を目指す改革の一環として、昨年12月中旬から始まった。職員の接遇研修で招いているマナー講師とも相談した。坂野課長によると、窓口を訪れた市民からは評価する声が寄せられているという。
     悩ましいのは、健康上の理由などからマスクをつけざるをえない場合だ。アレルギーなど健康上の理由や業務上必要な場合もあることをふまえ、一律にマスク着用を禁止することまではしていない。

    (続きはリンク先でお願いします)

    2019年2月6日9時1分
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASM1S63VKM1SUBNB014.html?iref=sp_new_news_list_n

    【【むつ市】窓口応対の職員に、あえて「マスクなし対応」好評、体調が悪い職員には「窓口対応をさせない」「自宅で休ませる」ことを徹底 】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2019/01/30(水) 11:50:14.81 ID:M5btNrEM9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00010000-nishinp-soci

    「入会金として10万円を請求する自治会があるそうです」。福岡県糸島市の女性から、特命取材班にこんな情報が寄せられた。
    事実ならば、一般的なスポーツクラブの入会金を上回る高額。住民が自主運営する自治会で、どうして-。

    田畑の広がる農村地帯を訪ね、自治会長の男性に会うことができた。見せてくれた規約には、こう書かれている。

    《本会に入会を希望する者は、加入基本金10万円/1戸当たり、下排水費5万円/1戸当たりを添え、入会申込書を提出するものとする》

    下排水費5万円、新築物件の入居世帯から徴収

    男性によると、転入者の入会には、まず加入基本金10万円が必要になる。さらに、集落に公共下水道が整備されていないため、
    生活排水を流す河川の保護に充てる下排水費5万円も、新築物件の入居世帯から徴収している。規約は1988年に定められたという。

    合わせて15万円。引っ越したばかりの世帯にとって負担は大きい。集めた会費はどう使うのか。男性は「自治会には多くの資産がある。
    維持管理や改修のために会費を積み立てています」と説明した。

    公民館や運動場、将来的な改修や補修に備え

    この自治会は、子ども会や老人会の集まりで使う独自の公民館や運動場、公園、神社を所有しており、将来的な改修や補修に備えているという。
    「公民館は30年ほど前、昔から住む人たちが建設費を出し合って造った。新たな転入者にも公平に負担を求め、施設を使ってもらっています」

    自治会に入らなければ原則、こうした施設を使う権利はなく、自治会と連携する子ども会活動にも参加できない。
    子どもの交友関係に影響しないか、と心配になるのが親心だろう。

    社会教育法では、地域の学習、交流拠点となる公民館は「市町村が設置する」と定められている。行政はどう考えるのか。

    糸島市は小学校区ごとに15の公民館を設置している。一方、自治会は市内に160以上あり、それぞれに高齢者サロンやサークル活動に使う
    公民館を整備するのは難しい。「地域の活動拠点に使う集会所であれば、自己資金で建ててもらっている」と担当者。
    市は自治会の公民館建設に補助金を出し、対応している。

    法律に照らしてどうなのか。文部科学省は「自治会が所有するのは、公民館に類似する『自治公民館』に当たる」(地域学習推進課)として問題ないという。

    自治会長の男性は話した。「校区に一つでは他の自治会と取り合いになるし、災害時には避難所にもなる。高齢者にとって近くに公民館があった方がいい。
    市が財政的に厳しいのは分かるし、自分たちで造るしかない」。入会金に関する不満は聞いていないという。

    取材を進めると、驚くべき自治会ルールは、他の地域にもあった-。

    住民から集めた資金で公民館を整備する事例、全国にも

    自治会への入会金が10万円-。全国自治会連合会(事務局・福島県)の担当者は「それほどの高額は聞いたことがない」と驚くが、
    自治会が住民から集めた資金で公民館を整備する事例は、全国的にあるという。

    兵庫県南西部の町にある自治会では、「故郷(ふるさと)基金」という名称で、公民館の建て替えや神社の改修費として毎年3万円ずつ、
    10年間にわたって徴収している。住民の負担は、毎月の会費や雑費も含めると総額年5万円近くに上る。

    無料通信アプリLINE(ライン)を通じ、特命取材班に情報を寄せた自治会員の男性(50)は首をかしげる。「高齢者が増え、公民館の使用が減っているのに、
    新築する必要があるのか。神社の改修も特定の宗教のための出費で、おかしい」。それでも毎年、支払っているという。
    「釈然としないが、支払いを断れば集落に居づらくなるから」

    災害発生時、自治会が果たす役割は大きく…

    自治会の歴史は古い。

    山梨学院大の日高昭夫教授(自治体行政学)によると、自治会、町内会の組織は全国に約30万団体ある。
    団地や新興住宅街を除くと、その多くは江戸時代の村落共同体にルーツがある。

    1889(明治22)年の自治体の大合併などをきっかけに、村落共同体はより規模の大きい町村に統合された。村落共同体は公的には姿を消したが、
    道路や水の管理、神社の整備などを担う任意の住民組織として存続。戦時下には国策を浸透させる末端機構としても働き、現代まで自治会、
    町内会として続いているという。

    【【地域】なぜ?入会金10万円、驚きの自治会ルール。「出不足金」を女性だけ徴収する地域も 】の続きを読む

    1: 水星虫 ★ 2019/01/16(水) 07:49:42.17 ID:itp6w4ow9
    LINE決済で納税可能に 市川

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/20190116/1080004669.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    スマートフォンで支払いができる「スマホ決済」が広がる中、千葉県市川市は、
    通信アプリ大手、「LINE」の決済サービスで市民税などを支払える新たな仕組みを今月導入しました。

    市川市が導入したのは、スマホの決済サービス、「LINEPay」を使って
    納付書のバーコードを読み込めば支払いができる仕組みで、市民税のほか、
    介護保険料や保育料など市から届く納付書によって支払うものすべてが対象です。

    ただ、1枚の納付書の金額が5万円以上の支払いは対象外となります。

    運営会社によりますと、この仕組みを導入した自治体は大阪市、岐阜県大垣市につづいて、
    市川市が全国で3例目だということです。
    市川市企画課の伊藤辰浩主査は
    「自宅を出ずに、スマホで税金などの支払いができる。
    セキュリティーの対策も万全だと聞いているので、ぜひ活用してほしい」
    と話しています。

    日本は海外に比べてキャッシュレスサービスの普及の遅れが指摘されていますが、
    自治体の間で活用が広がることも予想されます。

    01/16 07:04

    【市川市LINE決済で納税可能に 「セキュリティーの対策も万全だと聞いているので、ぜひ活用してほしい」 】の続きを読む

    このページのトップヘ