ニュース天国

2chまとめニュースです。
トレンドニュースを載せています。
よろしければ暇つぶしに見てください。

    カテゴリ: 地方

    1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [JP] 2019/09/10(火) 09:33:41.60 ID:t+Nkrobe0● BE:844481327-PLT(13345)
    sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
    米軍基地問題の議論を全国的に深めようと「トークキャラバン」を実施している玉城デニー知事が9日、大阪府庁を訪れ、新井純副知事と意見交換した。吉村洋文知事は面会しなかった。
    理由について吉村氏は記者団に「日程の調整もあるが、僕は大阪府庁として実務的な立場で中立公正な立場で対応させてもらう方が誠実だと思った」と説明した。

    さらに全国キャラバンについて「事務局(シンクタンク・新外交イニシアティブ)が非常に政治的に偏った方で構成されている。極めて政治的」と強調。
    「その議論を戦わせるなら政党の討論会でやるべきで、こういう役所の公務でするべきではないのではないかと思っている」と考えを述べた。

    玉城氏は9日、大阪市役所も訪問したが、松井一郎市長は日程調整がつかないとして会わなかった。

    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/468851
    https://www.okinawatimes.co.jp/mwimgs/f/b/-/img_fb5b287d11e27d6a51c4729c6e333b2326712.jpg

    【【アポ無し訪問】沖縄デニー知事が大阪府庁訪れるも吉村知事と面会できず 松井市長との面会も失敗 】の続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2019/08/16(金) 11:47:58.61 ID:8QGafsEw9
    札幌市南区の住宅街に出没していたクマが14日に駆除されたことに対し、市におよそ200件の苦情が
    寄せられています。

    南区藤野の住宅街では、クマが家庭菜園を荒らすなどの被害が続いていました。
    札幌市は、クマが人に危害を及ぼすおそれがある「問題個体」として、専門家の意見も踏まえ、
    駆除の方針を決定。クマは14日朝、ハンターによって駆除されました。

    「猟友会により、ヒグマ、メス1頭を捕殺しました」(札幌市職員・14日朝)

    「駆除はやむを得なかった」とする市に対し、「クマを駆除せず山に返せなかったのか」
    「捕獲して施設に入れられなかったのか」などの苦情が寄せられています。
    14日だけで、およそ200件に上り、道外からの苦情も多いということです。
    市の担当者は「苦情に対してきちんと説明していきたい」と話しています。

    北海道放送(株)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00000009-hbcv-hok

    ※前スレ
    【北海道】クマ駆除で札幌市に苦情約200件「山に返せなかったか」「施設に入れられなかったか」などの声★4
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1565873895/

    【【北海道】クマ駆除で札幌市に苦情約200件「山に返せなかったか」「施設に入れられなかったか」】の続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2019/07/16(火) 12:44:43.57 ID:H8JdCZlQ9
    「争点」の足元で(1)低年金者

     「お金がなくて、毎日、明日生きられるかと考える。低年金者は死ぬのを待つだけなのか」

     那覇市に住む女性(75)は目に涙をためながら逼迫(ひっぱく)した生活をぽつりぽつりと語った。2カ月に1度、手にする国民年金は9万円。貯金はなく、月4万5千円が生活費の全て。大半が市営住宅の家賃と光熱・通信費に消える。残る食費は1万7千円で、1日に使える金は平均約560円。

     食料は自宅から徒歩で片道約20分のスーパーで半額セールになった総菜を購入する。1人暮らしの自宅は必要最低限の家具のみそろえ、日中は電気代を節約するためクーラーを控える。ひざが痛くても受診を我慢している。

     日本復帰後、県内の飲食店で勤務した。低賃金と事業所側の厚生年金未加入が負担となり、国民年金の納付は後回しになった。

     約10年前に夫が他界。納付条件を満たさず遺族年金はない。4人の子どもは自宅近くに暮らすが、「迷惑を掛けたくない」と頼れないという。

     老後に夫婦で2千万円必要とした金融庁報告書を巡るニュースを目にするたび、不満とストレス、怒りが込み上げる。「今、生きている高齢者に目が向けられていない」

     厚生労働省年金局によると2017年度、沖縄の月平均年金受給額は国民年金が5万2134円と全国最低。厚生年金は12万5338円で全国平均と比べて1万9565円低い。65歳以上で年金を受給していない人は16年度で約1万8千人に上る。

     沖縄の年金制度は国民年金が本土に9年遅れて70年4月に始まったが、被保険者期間が短く年金額が県外より低いなど給付水準に格差が生まれた。政府は老齢年金の受給資格期間の短縮や復帰前の期間を保険料免除とする特別措置を講じたが、追納負担が足かせとなった。

     沖縄の年金問題に詳しい全日本年金者組合中央本部副委員長の吉田務さん(72)は、当時の追納対象者は53万9800人で、うち16万8千人が経済的な理由で追納できなかったといい「無年金者や低年金者を生むきっかけになった。国が救済しなければ年金問題の根本的な解決はない」と指摘する。

     県社会保険労務士政治連盟副会長の玉寄智恵子さん(43)は年金以外で資産寿命を延ばし、個々人が制度を理解して将来いくら年金がもらえるかを知ることが必要という。その上で「少子高齢化などで年金の需給バランスは崩れている。政治家が無年金者や低年金者を直視して制度を見直す議論に進んでほしい」と訴える。

     国民年金受給額が月5万円という別の女性(74)=那覇市=は「働いていた時にためた200万円を切り崩して生活費に充てているが間もなく底をつく。これ以上、老後に不安を抱えて生きるのは限界」と下を向いた。(社会部・砂川孫優)

     ◇ ◇

     参院選が21日、投開票される。各候補者が街頭などでさまざまな政策を訴える中、県内の有権者は何を思い、何を政治に求めるのか。年金や消費増税、子育て、基地問題など「争点」の足元を追った。

    沖縄タイムス 7/15(月) 6:10
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00445421-okinawat-oki

    ★1: 2019/07/15(月) 17:18:01.79
    前スレ
    【沖縄】年金月4万5千円「死ぬのを待つだけなのか」 食事は半額セール ひざの痛みも我慢 ★5
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1563199884/

    【【沖縄】年金月4万5千円「死ぬのを待つだけなのか」 食事は半額セール ひざの痛みも我慢】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2019/07/04(木) 11:37:53.60 ID:ziZJyCac9
    https://weathernews.jp/s/topics/201907/040075/

    今日4日(木)10時44分頃、鹿児島県にある桜島が噴火(爆発)し、噴煙は火口上3200mまで達しました。
    https://smtgvs.weathernews.jp/s/topics/img/201907/201907040075_top_img_A.jpg

    東側の地域では降灰の可能性

    桜島上空は西北西の風が吹いているため、噴煙は桜島の東側に流れる予想です。
    噴煙は高くまで上がったものの、噴火の継続時間はそれほど長くはありません。
    垂水市などは念のため降灰にご注意ください。

    噴煙が火口上3000mを超える噴火は3月14日以来になります。


    ウェザーニュース火山情報
    https://weathernews.jp/s/volcano/

    【大雨が収まったばかりの鹿児島で今度は桜島が噴火。噴煙3000メートル超、東側の地域では降灰に注意 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/07/01(月) 07:49:49.14 ID:B/2lRwD39
    1日から31年ぶりに商業捕鯨が再開されるのを前に、捕鯨船が出港する山口県下関市で、船員たちを激励する壮行会が開かれました。

    日本は30日、IWC=国際捕鯨委員会から脱退し、1日から31年ぶりに商業捕鯨が再開されます。

    かつて捕鯨産業で栄えた下関市は、沖合でクジラを捕獲する捕鯨船団の基地に位置づけられていて、1日、3隻の捕鯨船が出港するのを前に、船員たちを激励する壮行会が開かれました。

    この中で、地元企業などで作る団体の金子秀人代表は、「これまでの調査捕鯨で培ってきた技術を存分に発揮し、多くの鯨肉を下関に陸揚げしてほしい」とあいさつしました。

    また、捕鯨船を運航する「共同船舶」の森英司社長は、「希望と不安が入り乱れての出港だが、一致団結して商業捕鯨に取り組みたい」と述べました。

    3隻の捕鯨船は、太平洋に広がる日本の領海とEEZ=排他的経済水域で、3か月間にわたって商業捕鯨を行うということです。

    下関から出港する捕鯨船団は、これまで南極海などで調査捕鯨を行っていたため、この30年余り、太平洋のこの海域でクジラを捕獲した実績はないということです。

    捕鯨母船の江口浩司船長は、「クジラを探しながら、手探りでやっていくしかない。安全第一で無事に帰ってきたい」と話していました。

    2019年6月30日 19時09分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190630/k10011976431000.html
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190630/K10011976431_1906301925_1906301928_01_02.jpg

    【【山口・下関】31年ぶり 商業捕鯨再開前に船員たちを激励 「多くの鯨肉を下関に陸揚げしてほしい」 】の続きを読む

    このページのトップヘ