ニュース天国

2chまとめニュースです。
トレンドニュースを載せています。
よろしければ暇つぶしに見てください。

    カテゴリ: 地方

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [SA] 2019/05/28(火) 06:15:18.06 ID:o7qXePDZ0 BE:123322212-PLT(13121)
    sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
    新潟県産の米や野菜を使ったカレーを通して新潟を「カレー県」としてPRしようというプロジェクトが始まることになりました。

    このプロジェクトは、新潟を「カレー県」として全国にPRしようと、JA全農新潟や県漬物工業協同組合、東京の食品メーカーなど5つの企業や団体が県と連携して進めます。

    27日、県庁で記者会見が開かれ、益田浩副知事や、県内出身でカレー・スパイス料理研究家として活躍する一条もんこさんらが出席しました。

    この中では、総務省の調査で新潟市のカレールーの消費が全国トップクラスであることや、米がおいしいためカレーとの相性が抜群だとして、
    今後イベントを通して新潟を「カレー県」として県産の米や野菜の魅力を発信する、とのプロジェクトの概要が説明されました。

    また一条さんを県のカレー大使に任命する任命状が手渡されました。

    このあと、新潟県のブランド米「新之助」と県産のトマトや枝豆などの野菜を使ったカレーがふるまわれ、参加者が味わっていました。

    一条さんは「県内全体がカレーで盛り上がれるように、今後市町村ごとの特産物を使ったレシピを考案するなどして協力したいです」と意気込みを話していました。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190528/k10011931721000.html

    【新潟県、これからは「カレー県」としてPRへ 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [GB] 2019/05/28(火) 08:13:30.41 ID:SKTuGyaO0 BE:209847587-PLT(12031)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    JR高知駅に「多言語表示 観光ウェルカムボード」を設置

    表示灯株式会社(東京都港区 代表取締役社長:上田正剛)と株式会社ジェイアール四国企画は、JR高知駅にJR四国管内としては
    初めて駅利用客や増加する訪日外国人観光客への観光情報発信ツールとしてタッチパネル式デジタルサイネージ「多言語表示 
    観光ウェルカムボード」を設置します。

    今回設置する「多言語表示 観光ウェルカムボード」には、高知県内の主要な観光地や観光施設、バス乗り場への案内、地域のお店や
    施設の情報をイラストや動画を多用し、多言語表示【日本語・英語・中国語(繁体)・中国語(簡体)・韓国語】に対応した表示で、
    外国人のお客様にも高知県の観光情報などを手軽に入手していただける仕様となっています。
    また、裏面には2020年春にJR四国が運行開始予定の観光列車『志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり』の車両をデザインしています。


    1. 設備名称    多言語表示 観光ウェルカムボード
    2. 設 置 日    2019年6月1日
    3. 設置場所    JR高知駅 コンコース 南口付近
    4. 仕  様    タッチパネル式75インチ4Kモニター
                ※パネルをタッチすることでより詳しい観光地等の情報を分かりやすく表示
    5. 表示内容    高知県内主要観光地、観光施設、バスのりば、地域の店舗及び地域の施設など
    6. 対応言語    5か国語【日本語・英語・中国語(繁体)・中国語(簡体)・韓国語】
    7. そ の 他    今後、JR高松駅のほか、JR松山駅及びJR徳島駅に設置予定です。

    https://www.excite.co.jp/news/article/Kyodo_prw_201905246759/
    JR高知駅に設置される「多言語表示 ウェルカムボード」(イメージ)
    https://imgc.eximg.jp/cv/resize?i=https%3A%2F%2Fs.eximg.jp%2Fexnews%2Ffeed%2FKyodo_prw%2FKyodo_prw_201905246759_cbaf_1.jpg

    【四国に行って驚いたこと 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [ニダ] 2019/05/21(火) 17:54:25.28 ID:g/4nVKHo0 BE:422186189-PLT(12015)
    sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
    福岡と長崎を結ぶ九州新幹線長崎ルートの整備計画が暗礁に乗り上げている。

    政府、与党は未着工の新鳥栖-武雄温泉をフル規格で建設したい考えだが、巨額の負担を求められる地元佐賀県が猛反発しているためだ。
    打開策が見つからず、目標とする2023年度末ごろの着工は見通せていない。

     「佐賀県は新幹線整備をこれまでも、今も求めていない」。

    山口祥義知事は4月下旬の与党検討委員会で反対姿勢を鮮明にした。
    委員らの予想を超える強硬な態度で、長崎県の中村法道知事も「真意を測りかねる」と戸惑いを隠せなかった。

    https://www.sankeibiz.jp/business/news/190521/bsd1905210500006-n1.htm

    【佐賀県、九州新幹線の中止を要請、「北海道みたいに大赤字になって財政破綻する」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [ES] 2019/05/07(火) 16:39:37.41 ID:B++1uSDX0● BE:604048985-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nacchi.gif
    孫のかわいい姿に「奇跡の一枚」 6万4千点から沖縄・嘉手川さんが銅賞 明治安田生命フォトコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190507-00415731-okinawat-oki

    【沖縄に行ったらこれは食っとけってやつある? 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/04/23(火) 11:43:56.93 ID:UyAIN72D9
     21日に開通した富山駅の南北をつなぐ歩行者用通路で、自転車で通り抜けようとした人が駅員に呼び止められるケースが相次いでいる。通路を管理するJR、あいの風とやま鉄道は自転車の通行を禁止しているが、開通直後で周知されていないためだ。両者は「利用者の安全を考慮した対応であり、理解してほしい」としているが、自転車を手で押して通ることも禁じられており、利用者からは「何とかならないか」と不満の声も上がっている。(社会部・相川有希美)

     この通路は午前4時半から翌日午前1時半まで利用できる。富山駅によると、22日午前7時半から8時15分の間に少なくとも4人が自転車規制を知らずに自転車を押して通行したという。21日には自転車に乗って通ろうとし、駅員に制止された人もいた。

     通路のそばに改札や切符の販売機があり、多くの利用者が行き交うことから自転車の通行を禁止した。手で押して通ることも、許可をすれば収拾がつかなくなる恐れがあるとして規制することにしたという。谷本光宏JR富山駅長は「特に朝のラッシュ時は大勢の人で混雑する。安全のために協力してほしい」とし、自転車で駅の反対側に行こうとする人には地下通路を使うよう呼び掛けている。

     同駅をよく利用する富山市桃井町の主婦、稲田幸恵さん(75)は「後ろから自転車が勢いよく近づいてきてヒヤッとしたことがある。自転車が来ないと分かれば安心」と規制に賛成した。一方、雄峰高校に通う坂田真璃亜さん(19)は「せっかく南北がつながったのに自転車だと通れないのは不便」と話し、自転車を押して通れるレーン設置など対策を求めた。

     通路はJRとあいの風鉄道、県、富山市の4者がエリア別に管理している。現在、自転車を禁止しているのはJR、あいの風鉄道、県の管理エリア。同市は利便性を考慮して自転車を押しての通行は禁止しない予定で、2020年3月の通路幅拡大後は、市の管理エリアを通って南北を行き来できるようになる可能性がある。今後の富山駅整備に伴う自転車通行の対応はまだ決まっておらず、あいの風鉄道の板屋雄介総務課長は「関係者間で協議する必要があるだろう」と話した。

    http://webun.jp/images/item/7558000/7558474/4a47b044-c4f6-4ed3-b83e-94a49421bc39.jpg
    http://webun.jp/images/item/7558000/7558474/e8a4cad3-b4d2-4399-97a9-8a205c78c973.jpg

    2019年04月23日 01:14
    北日本新聞
    http://webun.jp/item/7558474

    【【富山】「何とかならないか...」富山駅の南北歩行者通路、自転車通行禁止に賛否 降りて手で押して通ることも禁止 】の続きを読む

    このページのトップヘ